東南アジアと台湾で最大規模を誇るEコマースプラットフォームのShopeeは、9.9(ダブルナイン)セールにおける好調な売り上げを記録しました。

ショッピング体験で重視されるライブ・ストリーミングやSNSの活用などにより、9月9日当日のセール開始から最初の99分で4,500万点以上の商品が購入されました。

今回のセールでは、日本セラーの売上も大幅に増加しています。

目次

  1. Shopeeの9.9(ダブルナイン)セール、99分以内に4,500万点以上の商品が購入される
  2. 日本セラーの売上も向上

Shopeeの9.9(ダブルナイン)セール、99分以内に4,500万点以上の商品が購入される

Shopeeとは、東南アジアと台湾で最大規模を誇るEコマースプラットフォームです。

9.9(ダブルナイン)セールでは、国内外の有名人を起用したエンターテイメントや、Shopeeアプリと連携したゲーム・クーポンを活かしたユニークなショッピング体験が提供されました。

また東南アジアや台湾のショッピング体験で重要視されつつある、ライブ・ストリーミングを目玉の一つに位置付け、セール開始から9月9日当日までの3週間で、Shopee Liveのさまざまなライブ・ストリームが合計2,400万時間以上も視聴されました。

さらにShoppeはSNS上でもさまざまな企画を開催し、合計約7,000万回のエンゲージメント獲得に成功しました。

その結果、9月9日当日には、セール開始から最初の99分で4,500万点以上もの商品が購入されました。

Shopeeの9.9(ダブルナイン)セール、99分以内に4,500万商品が購入される 日本セラーの売上も増
(画像=▲9.9(ダブルナイン)セール、『訪日ラボ』より 引用)

日本セラーの売上も向上

今回のセールでは、日本セラーの売上は大幅に増加し、通常平均と比較して約6倍にもなりました。

セラーのなかには、キーワード広告などのマーケティングソリューションや、店舗独自のクーポン設定などにより、売上を約10倍に伸ばしたケースもありました。

特に「ヘルスケア・化粧品」と「食料品」の2つのカテゴリーでは、すべてのマーケットで需要が大きく伸び、東南アジアと台湾における日本商品の人気の高さを改めて示しました。

セールは年末に向けて、10.10, 11.11, 12.12と、さらに3度のメガキャンペーンが開催される予定です。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる