マクドナルドの「ハッピーセット」に付いてくるおもちゃを見て、うれしそうに瞳を輝かせる子供たち。しかし、どれほど大切にして遊んでも、あきてしまえば現代の問題であるプラスチックごみになる。マクドナルドがそれを問題視しないはずはなかった。

材質が大きく変わるという話題を『CBS News』『NBC News』が伝え、全米から世界に拡散中だ。

■2025年までかけ段階的に

イリノイ州オークブルックに本部を置く米マクドナルド社が現地の21日、世界中の店舗を対象に、地球にやさしいある改革が行われることを発表した。

子供向けの「ハッピーミール(日本ではハッピーセット)」におまけとして付いてくるおもちゃについて、2025年までかけて段階的に、プラスチック製品の大幅削減を実施させるという。

ライバルのバーガーキングは2019年秋にすでに、子供向けの「ジュニアミール」にプラスチック製のおもちゃを「付けない」と宣言し、高い評価を得ていた。

■トレイとして再利用する案も

マクドナルドではこれまで、毎年10億個以上のプラスチックのおもちゃを「ハッピーセット」のために製造し、ハンバーガーと一緒に提供してきた。

そのプラスチックの使用率を90%削減することを最終目標にかかげ、丈夫な紙で作るスーパーヒーローなど、新しいアイデアを模索しているそうだ。さらに、不要になったプラスチックのおもちゃを、店舗のトレイに生まれ変わらせることも検討しているという。