首相官邸によると、9月19日時点で国内の新型コロナウイルスワクチン接種率が米国の接種率を上回ったことが判明しました。

首相官邸と米疾病対策センター(CDC)の資料を比較したところ、9月19日時点における国内のワクチン接種率は人口の54.8%となっており、米国の同54.7%をわずかに上回りました。

9月22日時点における国内総接種回数は約1億5,500万回にのぼり、1回目のワクチン接種を受けた人は67.2%、2回目のワクチン接種を受けた人は55.1%でした。

特に高齢者は9割近くが2回目のワクチン接種を終えており、同時に若者への接種も進んでいます。

目次

  1. 1日100万回超の接種続く、10月には規制緩和実験が開始
    1. 国産ワクチン、実用化の目標時期2022年度に
  2. コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

1日100万回超の接種続く、10月には規制緩和実験が開始

国内では自治体主導の接種と同時に職場主導の集団接種も進んでおり、1日の接種回数は100万回超となっています。

このような現状を踏まえ、政府では今後接種率が更に向上した際の規制緩和を検討しています。

具体的には飲食店やイベント会場における酒類の提供や人数制限の緩和を予定しており、本格的な実施はワクチンが行き渡る11月以降となる見込みです。

規制緩和の本格実施前には実証実験が行われることとなっており、現時点で北海道、埼玉県、愛知県、京都府、大阪府、福岡県、神奈川県、滋賀県、熊本県の9道府県が実証実験への参加を表明しています。

実証実験では本番と同じく酒類の提供や人数制限の緩和が実施される見込みで、早ければ10月にも開始されるということです。

ワクチン接種率の向上と規制緩和の実施により、国内経済の復興がより一層進むことが期待されています。

国産ワクチン、実用化の目標時期2022年度に

FNNプライムオンラインが報じたところによると、熊本県の製薬会社が開発中の新型コロナウイルスワクチンが臨床実験の結果を公表、安全性と有効性が期待できる結果が得られたことを発表したとのことです。

この結果を受けて、実用化の目標の時期を1年前倒しの2022年度中にすることが示されています。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

接種完了率、アメリカ超える 国産ワクチンは2022年度実用化か
(画像=『口コミラボ』より 引用)

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】