8月19日のウォール・ストリート・ジャーナルによると、Amazonが新たに百貨店形態の店舗を計画していることが伝えられています。

目次

  1. Amazonが大型実店舗の開設を計画との報道
    1. これまでにもリアル店舗展開の動き
  2. ECサイトとリアル店舗、双方で顧客と接点を持つ
  3. コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

Amazonが大型実店舗の開設を計画との報道

Amazon.comはアメリカ国内に大規模小売店舗を複数開設する計画だと、アメリカのウォール・ストリート・ジャーナルが報道しました。

店舗は衣類品、日用品、電子機器といったさまざまなブランドの商品を取り扱う予定で、Amazonが現在展開している店舗よりもさらに広い百貨店のような形態となる見込みとされています。

新型コロナの影響によりアメリカ国内で百貨店の経営状況が厳しいものの、Amazonでは計画中の店舗を顧客の心理や行動を踏まえた新たな顧客体験を提供する場として、計画を進めているとのことです。

Amazonでは「ラグジュアリー・ストア」を開設するなど、化粧品やバックなどの高級商品分野に対しても力を入れています。現在計画している店舗についても、アパレルの販売がさらに強化される可能性があると報じられています。

9月23日にはこの続報が出ており、テクノロジーを駆使した試着室を用意しての販売促進の計画などが明らかにされています。

これまでにもリアル店舗展開の動き

AmazonではECサイトの運営のほかに、いくつかの実店舗を開設しています。初めて実店舗は2015年の「Amazon Books」で、書店として開設されました。

その後、カスタマーレビューで星4つ以上を獲得した商品のみ取り扱われる「Amazon 4-Star」や、商品をカゴに入れ、レジを通らずに購入が完結できる「Amazon Go」、食料品に特化した「Amazon Go Grocery」など、商品力や技術を活かした実店舗が増設されています。

一方で、開設したものの閉店となる店舗も多く、Amazonではこうしたさまざまな形態の実店舗を開設させつつ、特定のジャンルにとらわれずに成功へのアプローチを探っていると考えられます。

ECサイトとリアル店舗、双方で顧客と接点を持つ

Amazonでは今まで、新店舗の開設による販路の拡大に取り組んできました。現在計画中の新店舗も顧客との関わりを持つことのできる場として、話題性を集めています。

現在、新型コロナによるECサイトの利用も増えていますが、実店舗はオンラインではまだつながれていない新規顧客との接点となることが期待でき、新たなファンの獲得につながります。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

Amazon、百貨店を来年にも開設 アパレル販売さらに強化
(画像=『口コミラボ』より引用)

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】