海外メディアによると、イギリスのイングランドでは、10月4日から新型コロナウイルスの感染対策の基準が大幅に変更され、ワクチン接種完了者への入国が簡易化されます。

イングランドではこれまで交通信号に似せて、「赤、黄、青」の3段階に対象国を分類しており、日本は現在、「黄」リストに含まれています。

現在はイギリス入国前後のCOVID-19検査や、入国後10日間の隔離などが必要です。

しかし、10月4日からは入国後の検査2回のみに大幅に緩和される見通しです。

目次

  1. イングランド、ワクチン接種者に対し隔離免除へ

イングランド、ワクチン接種者に対し隔離免除へ

イギリス政府は、「10月4日午前4時より、イングランドへの国際渡航の規則は、赤・黄・青の交通信号システムから、赤リスト国のみの設定と、それ以外の国からの入国については簡素化した渡航手順へと変更する」と発表しました。

イングランド入国の14日前に対象国の保健当局が定めたワクチン接種を終えている人は、入国後に2回のPCR検査を受けて、居場所追跡を可能にする情報を登録すれば、出発前のウイルス検査や入国後の10日間の自主隔離が不要となります。この対象国には日本も含まれます。

加えて、グラント・シャップス運輸相は、赤リスト以外の国から入国する人の、入国2日目のPCR検査について、10月後半からはより安価で迅速な「ラテラルフロー」検査に切り替えることも可能になると発表しました。

イギリスの航空団体「エアラインズUK」は、「イギリス航空業界の再開に一気に近づく」、「カンフル剤」だと歓迎しています。

ただし、9月20日現在日本のワクチンパスポートはイギリスでは対象外です。10月4日からの措置の適用に際して、ワクチンパスポートが適用されるのかが焦点となりそうです。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる