タイ政府は2021年10月1日よりバンコク、チェンマイ、チョンブリー、ペッチャブリー、プラチュワップキーリーカンの各県で、外国人観光客の受け入れを再開することを発表しました。

これはタイのPrayuth首相が第1段階として7月に示した、プーケット、スラートターニー、クラビ、パンガーでの受け入れ再開に続き、第2段階目の政策とみられます。

目次

  1. 4段階に分け国境再開を実施、計43の県で受け入れ再開予定

4段階に分け国境再開を実施、計43の県で受け入れ再開予定

この度の受け入れ再開では、該当県への訪問者のワクチン接種済みを条件としています。

タイ、5都市で外国人観光客受け入れ再開 ワクチン接種完了を条件に
(画像=Reopen from 1 October 2021:タイ国政府観光庁プレスリリース、『訪日ラボ』より引用)

加えてタイ政府は、4つの段階で国境再開を進めており、計43の県で国境再開を実施する予定です。

10月中旬には第3段階として国内の21の観光地が再開されます。続いて、第4段階では2022年1月をめどに、13の国境沿いの県を近隣諸国とのトラベルバブルの下で国境再開を進めていくということです。

政府報道官のThanakorn Wangboonkongchana氏によると、

「この計画は、Prayuth首相が示した、プーケット、スラタニ、クラビ、パンガーの順で過去2ヶ月間で再開された第1段階に続き、段階的に再開するという方針を反映したものである。」

と述べており、引き続き段階的に国境再開を進めていきたい考えです。

またタイでは、「プーケットサンドボックス」「サムイプラス」「7+7エクステンション」の3つのプログラムを観光業復活に向け実施しています。

TAT(タイ国政府観光庁)によれば7月以降開始された上記プログラムを通じて、27,000人を超える外国人観光客がタイを訪れたということです。

国内でも、新型コロナウイルス感染症対策分科会による政府への提言でワクチン接種が完了するとされる10月〜11月を念頭に、国内の大規模イベントや県をまたぐ旅行の規制を容認するなど、観光業再開への機運が高まりつつあるといえるでしょう。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる