アメリカの老舗旅行専門メディア、トラベル・アンド・レジャー(Travel+Leisure)が2021年版の「世界で最も魅力的な都市25」のランキングを発表しました。

2021年度においては、1位はメキシコのサンミゲル・デ・アジェンデでした。日本からの都市では京都が第5位、東京は第19位にランクインしました。

世界的な傾向としては、トップ10の中に南アジア各国からの都市の選出、そしてメキシコから3都市が選ばれるという結果になっています。

目次

  1. 「世界で最も魅力的な都市」、京都と東京がランクイン

「世界で最も魅力的な都市」、京都と東京がランクイン

「世界で最も魅力的な都市25」とは、2021年1月11日から5月10日にかけて「過去3年間の旅行体験」をもとに読者投票を実施し、結果をまとめたランキングです。

風景や文化、食事、親しみやすさ、買い物の楽しさや便利さなどを総合的に加味し、旅行先としての都市の価値を多様な角度から評価した投票が実施されました。

その結果、1位にメキシコのサンミゲル・デ・アジェンデが選出されました。選出理由として街自体の美しさ、歴史、人の良さに加え歩きやすさも加味されています。

日本からは5位に京都、19位に東京がランクインしました。日本と同じ東アジアからは台湾の台北が11位、23位に韓国のソウルがランクインしています。

選出傾向として、トップ10以内にインドなどの南アジアから4都市、メキシコから3都市選出されているほか、ヨーロッパからは25位以内に9都市選出されているとトラベル・アンド・レジャー誌は述べています。

以下は2021年度の「世界で最も魅力的な都市25」ランキングです。

  1. サンミゲル・デ・アジェンデ(メキシコ)93.54点
  2. ウダイプル(インド)91.63点
  3. イスタンブール(トルコ)91.32点
  4. ウブド(インドネシア)91.25点
  5. 京都(日本)90.94点
  6. フィレンツェ(イタリア)90.48点
  7. メキシコシティ(メキシコ)90.23点
  8. オアハカ(メキシコ)90.22点
  9. チェンマイ(タイ)90.06点
  10. バンコク(タイ)89.81点
  11. 台北(台湾)89.62点
  12. クラクフ(ポーランド)89.39点
  13. ルアンプラバン(ラオス)89.29点
  14. ローマ(イタリア)88.88点
  15. サンセバスチャン(スペイン)88.87点
  16. ボドルム(トルコ)88.82点
  17. ジャイプル(インド)88.68点
  18. チャールストン(アメリカ)88.61点
  19. 東京(日本)88.59点
  20. ケープタウン(南アフリカ)88.55点
  21. トリエステ(イタリア)88.54点
  22. リュブリャナ(スロベニア)88.47点
  23. ソウル(韓国)88.00点
  24. アンティグア(グアテマラ)87.97点
  25. ポルトー(ポルトガル)87.79点

点数で見ると、接戦の様子がうかがえます。

なお、今年6月にはイギリスの定期刊行物「エコノミスト」の「世界で最も住みやすい都市」ランキングで2位に大阪、5位に東京が選ばれました。

また同誌で東京は「世界一安全な都市ランキング」で2021年5位にランクインしています。

東京においては住みやすさ、安全性、旅行地という多面的な観点から世界から評価を受けていると考えられます。

東京2020大会が終了した今、世界的に評価を受けている中でこれから訪日機運をどう保っていくかが焦点となりそうです。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる