先日は、都内の3人組が新型コロナウイルス感染による自宅療養者に、無料でポカリスエットを届ける取り組みを取材した。そんな中、発売元の大塚製薬がバージョンアップさせた新支援サービスを開始した。

■高熱では食べられない

東京都では、新型コロナ感染にともなう自宅療養者に対して、保健所がシステム入力した2日後に食料を届ける支援を行っている。

しかし、その中身がカップ麺や缶詰など日持ちするものがほどんどで、特に症状が重い人たちから「高熱が出ているときに、およそ食べられるものではない」という声があがっている。

■全国へ無料で置き配サービス

今回大塚製薬は、自宅療養者向けにポカリスエット900ミリリットル12本とポカリスエット アイススラリー100グラム36個を、全国の希望者に無料で玄関先に置き配してくれるサービスを6日からスタート。