昨年、韓国が日本から輸入したフッ化水素の金額が17年ぶりに1000万ドルを割ったことが分かった。フッ化水素は、日本が2019年7月に輸出規制(輸出管理強化)を断行した3品目のうちの一つだ。

30日、韓国産業省(産業通商資源部)によると、昨年の日本産フッ化水素輸入額は938万ドルで、日本の輸出規制直前である2018年の6686万ドルに比べ86%も減少した。また、2003年以来、17年ぶりに1000万ドルを下回った。今年は昨さらに減少すると予想される。

韓国企業であるソルブレインが高純度フッ酸液の生産を拡大し、SKマテリアルズが高純度フッ化水素ガスの量産に成功しており、中国、台湾、米国などからの調達比重も増えている。

提供元・コリア・エレクトロニクス

【関連記事】
韓国の双竜自動車が日本で販売?「ヒュンダイも撤退したのに…」 韓国紙が関心
韓国がパワー半導体のSiC素材検査技術を国産化…「日本の半分のコストで開発」
LGグループが日本法人社屋を約200億円で急遽売却へ
米特許登録数 IBM1位、サムスン2位、LG3位、4位キャノン
フォルクスワーゲンが韓国二社とのEV電池取引を打ち切りか…特許紛争に嫌気?