世界最大級の宿泊予約サイト「Booking.com」の日本法人ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社(以下、Booking.com)は、世界各地の人気スポットにそっくりで、密を避けながらもSNSに投稿したくなる写真を撮影可能な旅先6選を発表しました。

なおこの調査は、Booking.comによって、30の国と地域の計29,349人の回答者を対象に実施されました。

目次

  1. 日本からは伊豆の「堂ヶ島 天窓洞」が選出
    1. 1. 青の洞窟(イタリア)とそっくりな旅先:堂ヶ島 天窓洞(日本)
    2. 2. アムステルダム(オランダ)にそっくりな旅先:コルマール(フランス)
    3. 3. ピンク・レイク(オーストラリア)とそっくりな旅先:ラス・コロラダス ピンクレイク&リオ・ラガルトス(メキシコ)
    4. 4. ビクトリア(カナダ・ブリティッシュコロンビア州)とそっくりな旅先:ブレントウッドベイ(カナダ、ブリティッシュコロンビア州)
    5. 5. トスカーナ(イタリア)とそっくりな旅先:カーメル・バイ・ザ・シー(アメリカ、カリフォルニア州)
    6. 6. プーケット(タイ)とそっくりな旅先:チェンダオ(タイ)
  2. インスタ映えする景観が観光客の来訪意欲を高める結果に

日本からは伊豆の「堂ヶ島 天窓洞」が選出

回答者は、18歳以上で過去12か月のうち1回以上旅行した、および2021年に旅行する予定があることを条件としています。(以下、Booking.com公式HPより引用)

本調査は30の国と地域(アメリカ1,000名、カナダ1,007名、メキシコ1,000名、コロンビア964名、ブラジル1,000名、アルゼンチン1,000名、オーストラリア999名、ニュージーランド941名、スペイン1,001名、イタリア1,000名、フランス1,000名、イギリス1,000名、ドイツ1,000名、オランダ1,003名、デンマーク986名、スウェーデン1,000名、クロアチア997名、ロシア1,005名、イスラエル1,003名、インド1,000名、中国1,000名、香港1,005名、タイ968名、シンガポール963名、台湾1,000名、ベトナム1,005名、韓国1,000名、日本1,000名、南アフリカ1,002名、ケニヤ500名)を対象にオンラインで実施されたものです。

1. 青の洞窟(イタリア)とそっくりな旅先:堂ヶ島 天窓洞(日本)

青の洞窟を有し、レモンの産地としても有名なナポリ湾に浮かぶカプリ島(イタリア)にそっくりな観光地に、静岡県西伊豆の「堂ヶ島 天窓洞」が選出されました。

天窓洞は昭和10年に国の天然記念物に指定されており、キラキラと光る美しい青色の洞窟で神秘的な写真を撮影できるスポットとして有名です。

またBooking.comによると青の洞窟と同じく、気候や波の高さによっては洞窟内に入れない場合もありますが、入口が広いため入れるチャンスは青の洞窟よりも高くなっているということです。

天窓洞周辺の宿泊施設に、伊豆半島の駿河湾沿いにある「イルアズーリ」が紹介されています。

ここは、イタリアのリゾート地を彷彿させる施設内で、全室に海を眺めることができる露天風呂が備え付いているということです。

世界各地の観光スポットに「そっくり」な場所6選 ブッキング・ドットコム発表
(画像=▲il azzurri/イル アズーリ:Booking.comプレスリリース、『訪日ラボ』より 引用)

2. アムステルダム(オランダ)にそっくりな旅先:コルマール(フランス)

木造造りの家々が立ち並び、中世の雰囲気が楽しめるフランス、アルザス地域の「コルマール」が選出されました。

世界各地の観光スポットに「そっくり」な場所6選 ブッキング・ドットコム発表
(画像=▲コルマール(フランス):Booking.comプレスリリース、『訪日ラボ』より 引用)

ここはBooking.comの本社があるオランダの首都、アムステルダムにそっくりな観光地として選出されました。

バーゼルとストラスブールの間にあるコルマールは小さな運河やたくさんの緑がある都市で、その豊かな歴史を徒歩で感じられるほどコンパクトな造りとなっているほか、メゾン・ド・テート、ドミニカ教会、ウンターリンデン美術館など、さまざまなミュージアムや観光スポットがあります。

3. ピンク・レイク(オーストラリア)とそっくりな旅先:ラス・コロラダス ピンクレイク&リオ・ラガルトス(メキシコ)

インスタグラムで話題の鮮やかなピンク色をした湖のオーストラリアのピンクレイクに似ている観光地に、メキシコの「ラス・コロラダス ピンクレイク」が選出されました。

世界各地の観光スポットに「そっくり」な場所6選 ブッキング・ドットコム発表
(画像=▲ラス・コロラダス ピンクレイク&リオ・ラガルトス(メキシコ):Booking.comプレスリリース、『訪日ラボ』より 引用)

またユネスコの生物圏保護区に登録されており、多様な景観と生態系を有しているメキシコ・ユカタン州の漁村「リオ・ラガルトス」はフラミンゴやペリカンなどを含む海鳥たちの営巣地です。

4. ビクトリア(カナダ・ブリティッシュコロンビア州)とそっくりな旅先:ブレントウッドベイ(カナダ、ブリティッシュコロンビア州)

花の都と称され、歴史的な建築物が並び、華やかな写真を撮影ができることで有名なカナダのビクトリアにそっくりな観光地は、同じくカナダのブリティッシュコロンビア州、サーニッチ半島にある小さな村、「ブレントウッドベイ」です。

世界各地の観光スポットに「そっくり」な場所6選 ブッキング・ドットコム発表
(画像=▲ブレントウッドベイ(カナダ・ブリティッシュコロンビア州):Booking.comプレスリリース、『訪日ラボ』より 引用)

同村には、多種多様な野生生物が生息する「ゴウランドトッド州立公園」や、庭園面積22万平方メートル、東京ドーム約5個分の広さを誇る「ブッチャート・ガーデン」もあり、生い茂る緑と多種多様な花々に囲まれた写真を撮ることができます。

5. トスカーナ(イタリア)とそっくりな旅先:カーメル・バイ・ザ・シー(アメリカ、カリフォルニア州)

中世の町並みをそのまま残した美しい古都が数多くあり、多くの観光客に人気なイタリアのトスカーナ地方ですが、そっくりな観光地にアメリカの「カーメル・バイ・ザ・シー」が選出されました。

世界各地の観光スポットに「そっくり」な場所6選 ブッキング・ドットコム発表
(画像=▲カーメル・バイ・ザ・シー(アメリカ、カリフォルニア州):Booking.comプレスリリース、『訪日ラボ』より 引用)

カリフォルニア州、モントレー半島にあるこの町は芸術家の町として知られており、数々の博物館や歴史的なカーメル・ミッションの図書室をはじめ、アートギャラリーなどが点在しています。

6. プーケット(タイ)とそっくりな旅先:チェンダオ(タイ)

多くの観光客が訪れるプーケットは、透き通るエメラルドグリーンの海や、旧市街のカラフルな町並みなどインスタグラマーにも人気なリゾート地ですが、タイ北部の「チェンダオ」が選出されました。

Booking.comでは密を避けることのできる旅先として推奨しており、全長12kmにも及ぶ鍾乳洞やその中に位置する仏教寺院の数々をインスタ映えスポットに紹介しています。

また、チェンダオは「星の町」を意味しており、星と同じ高さにあるほど高い標高にあることが名前の由来となっているということです。

世界各地の観光スポットに「そっくり」な場所6選 ブッキング・ドットコム発表
(画像=▲Ashi Guesthouse Chiangdao/アシ ゲストハウス チェンダオ(タイ、チェンダオ):Booking.comプレスリリース、『訪日ラボ』より 引用)

チェンダオにある「アシ ゲストハウス チェンダオ」では、チェンダオ山の雄大な景色を望むことができる綺麗なゲストハウスで、個室やバンガローを提供しています。

徒歩圏内にはチェンダオ洞窟があり、神秘的な洞窟と澄んだ美しい水の写真を撮影することができます。

インスタ映えする景観が観光客の来訪意欲を高める結果に

Booking.comが行った調査によれば、今後の旅行の予定について日本の旅行者の73%が「新型コロナウイルス感染症の影響で混雑を回避するために人気の観光地を避けるつもりである」ということが明らかになりました。

また、日本の旅行者の約3分の1(29%)が、「インスタ映えする旅先を探している」と回答したこと、また実際にインスタグラムで旅先の綺麗な写真を友人や家族、全世界と共有できるハッシュタグ、「#Travel」(旅行)が6億回近く使用されているということです。

6億回近く使用されていることから、日本に限らず世界各国からの観光客が旅行先を選ぶ際にはSNSを活用し、写真写りの良い景観があるか否かが重要なポイントであることが伺えます。

また、コロナ禍で密を避けることがニューノーマルである昨今、写真撮影の際に観光客の間で密にならないような環境作りも必要といえそうです。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる