ホテル予約サイト「じゃらん」が、満足度に基づく「全国道の駅グランプリ2021」を発表しました。

1位を獲得したのは、2年連続で宮城県の「あ・ら・伊達な道の駅」となりました。ランキング上位にはエンターテインメント性が高いコンテンツを持つ道の駅が名を連ねており、観光拠点としても機能している道の駅であるといえます。

道の駅については令和3年度版観光白書でも触れられており、今後は国内外どちらの観光客も楽しめる道の駅がより求められることになります。

目次

  1. じゃらんが利用者の満足度から全国道の駅グランプリを発表
    1. 1位は宮城の道の駅で2年連続、今後はインバウンドも見据えた機能拡充を

じゃらんが利用者の満足度から全国道の駅グランプリを発表

今回のランキングは、『関東・東北じゃらん』『東海じゃらん』『中国・四国・関西じゃらん』『九州じゃらん』の掲載エリアにある道の駅の中からアンケートを実施し、満足度の高い道の駅を発表しています。

トップ10のうち、東北の道の駅が5つランクインする形となりました。

1位は宮城の道の駅で2年連続、今後はインバウンドも見据えた機能拡充を

グランプリでトップ10にランクインした道の駅は以下の通りです。

全国の道の駅、満足度1位は宮城県「あ・ら・伊達な道の駅」に じゃらんが全国道の駅グランプリ2021を発表
(画像=▲全国道の駅グランプリ2021のトップ10:じゃらんプレスリリースより、『訪日ラボ』より引用)

引用元:じゃらんプレスリリース

1位は、宮城県の「あ・ら・伊達な道の駅」が獲得しました。満足度は82.8%を誇っており、2年連続の1位だということです。

じゃらんによれば、施設の充実度は東北屈指の道の駅となっており、特産品が豊富なほか、おみやげの品数が圧倒的だということです。商品数は全体で1,000点を超え、2001年の開館以降満足度の高い道の駅として人気を集めています。

駅長の遠藤悟さんは、受賞にあたって感謝の意を述べるとともに「これからも進化・変化を感じて頂けるような店舗づくりとグランプリ連覇を目指して、日々精進してまいります!」とコメントを寄せました。

Facebookの公式アカウントでは、今後オンラインショップも強化していく旨を示しており、コロナ禍を受けた対応も進めていることがうかがえます。

2位から5位には、温泉やアウトドアを楽しめる道の駅や、観覧車、グラスボート式遊覧船、温泉保養施設をそれぞれコンテンツとして備えている道の駅がランクインしています。「旅路の休憩所」に留まらず、道の駅自体がエンターテインメント性に長けていることがわかります。

道の駅は、令和3年度版の観光白書において、今後インバウンド受入拠点として強化していくことが示されています。訪日旅行のFIT(個人旅行)化、それに伴うレンタカーの利用率増加により、「道の駅」の需要増加が見込まれているということです。

国内旅行客だけでなく、訪日客にも対応できるような機能強化やコンテンツの充実、環境整備なども必要となるでしょう。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

<参照>
観光庁
じゃらん
あ・ら・伊達な道の駅


文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる