マーケティングリサーチ会社の株式会社アスマークが、タイ居住の20~40代男女に「タイの「食」に関する海外調査(食生活・外食実態編)」としてアンケート調査を実施しました。

その結果、タイでは約8割の人が、月1回は日本食を食べ、タイ料理以外の外国料理で日本食が最も人気となりました。

またベジタリアンは全体の31.3%、ヴィーガンで21.5%で、特に食に関して「ルールはない」と答えた割合は41.2%となり、食生活に注意を払っている様子がうかがえます。

目次

  1. タイでの食事調査、最も人気の外国料理は「日本食」
    1. ベジタリアン31.3%など、食制限がある人は半数以上

タイでの食事調査、最も人気の外国料理は「日本食」

先月、「タイの「食」に関する海外調査(食生活・外食実態編)」が公表されました。調査日は2021年6月17日(木)~6月24日(木)です。

その結果によると、タイにおいて日本食を月1回以上食べる人が全体の77.2%となり、外国料理の中では最も人気が高い傾向が示されました。

また特に若い世代ほど様々な種類の外国料理を楽しんでおり、40代になると日本食、中華料理などのアジア系の料理以外はあまり食べる習慣がないことも示されました。

タイで最も人気の外国料理は日本食、月1回食べる人が約8割に:タイの食に関する調査発表
(画像=▲タイ料理以外の外国料理、食べる頻度が多いのは?:アスマーク社プレスリリース、『訪日ラボ』より 引用)

ベジタリアン31.3%など、食制限がある人は半数以上

また、ベジタリアンやヴィーガン、ハラルなど食生活に何らかのルールを設けている人についての調査も行われました。(複数選択可)

タイではベジタリアンの人が全体の31.3%、ヴィーガンの人が21.5%であることが分かりました。

特に世帯月収が7万バーツ(約23万円、タイでの平均年収は約2万バーツ)以上の富裕層になると、ベジタリアンの割合は41%を閉めています。

また、あてはまるものはないと答えた人は全体の41.2%と半数を切りました。裏を返すと、食生活に何らかの制限を設けている人は半数以上に上っています。

今後、タイとの観光目的での往来が再開した際には、食の多様性を十分に理解し配慮した食事提供、ツアー提供が必要となることが考えられます。

特に近年注目されている富裕層へのアプローチでは、ベジタリアン比率が高いため細心の注意を払うべきだと考えられます。

そして、日本食の人気が高いため日本の魅力を料理でも十分に伝えられるよう準備をする必要があると考えられます。

タイで最も人気の外国料理は日本食、月1回食べる人が約8割に:タイの食に関する調査発表
(画像=『訪日ラボ』より 引用)

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる