群馬県の山本一太知事は8月6日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンを接種した20~30代に、抽選で車や県内旅行券が当たる特典を始めると発表しました。

群馬県では8月1日時点で20~30代の1回目接種率が20%以下となっており、感染拡大が広がる若年層の接種率を上げる狙いです。

また感染が収束次第使える県内旅行のクーポンをつけることにより、長引くコロナ禍で停滞している旅行業を救う方策の一助となっていると考えられます。

目次

  1. 群馬、ワクチン接種した若者に特典付きの抽選開始
    1. 若年層の低接種率の向上目的、状況の改善なるか

群馬、ワクチン接種した若者に特典付きの抽選開始

群馬県の山本知事は記者会見で、9月末までに2回接種を終えた20~30代の若者に対し、抽選で特典があたるキャンペーンを実施すると発表しました。

感染状況が落ち着いた際に利用できる2万~5万円分の県内旅行券が計350人に、SUBARUが提供したSUVが1人にそれぞれ当たるものとなっています。

県内旅行券をつけることにより、旅行業者も感染のリスクを低減させつつ、業界を活性化させうる政策として有効だと考えられます。

記者会見の様子については、群馬県知事記者会見のページより閲覧できます。

「ワクチン接種で車や旅行券当たる」群馬県で若者対象に特典、接種率向上狙い
▲記者会見で特典について説明する群馬県山本知事:公式YouTube(画像=『訪日ラボ』より引用)

若年層の低接種率の向上目的、状況の改善なるか

これは若年層層においてワクチン接種率が低く、かつ感染者数が増えているため接種率向上を目的に行われています。

群馬県では米モデルナ製ワクチンを使用する県営センターで、満18歳以上の県民へ接種を進めていますが、8月1日時点の20~30代の1回目接種率は、いずれも20%以下にとどまっています。

また会見では、ワクチンに対する正しい知識への理解と接種センターの増強についても触れ、群馬県でワクチン接種を加速させていきたい方針を示しました。

県の公式ホームページから、接種に関する動画やワクチンの有効性についての説明を閲覧できます。

ワクチンに対する丁寧な説明と、特典の効果によりどこまで接種率を伸ばせるのか、そして旅行業界にとっても恩恵がある策となるのかが注目されます。

さらに8月1日から、沖縄県では旅行者に対しPCR検査での陰性もしくはワクチン接種完了済みの人々に対してリストバンドを配布し、県内の飲食店などで割引が受けられる「OKINAWA BLUE POWERプロジェクト」が始動しています。このような取り組みが全国に広がるのかどうかも注視するべきだと考えられます。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる