カナダは2021年7月19日、8月9日から米国との国境の通行制限について、新型コロナウイルスワクチン接種を完了した人に限り、解除すると発表しました。

さらに、国内の感染状況が引き続き良好であれば、米国以外からの入国についても同様に、9月7日以降解禁する予定です。

目次

  1. 米国からの通行制限緩和の概要

米国からの通行制限緩和の概要

今回のワクチン接種者に限った通行制限の緩和により、米国からカナダに移動する際にはワクチン接種完了後14日以上経過したことを証明する書類があれば、米国からカナダ入国が許可されることになりました。

ワクチン接種完了者は入国前の検査が引き続き必要ですが、到着後の検査は原則不要となり、14日間の自主隔離も免除される予定になっています。

また、ワクチン未接種・未完了の旅行者に義務付けている検査要件に変更はないものの、空路で入国する全ての旅行者に義務付けていた政府指定ホテルでの3泊の隔離は廃止する予定になっています。

空路からの入国も緩和され、これまでモントリオール、トロント、カルガリー、バンクーバーの4空港に集約していた国際商用旅客便の離発着を8月9日以降は、ハリファクス、ケベックシティ、オタワ、ウィニペグ、エドモントンを加えた9空港に拡大する予定です。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる