シンガポールは、2021年9月以降、海外からの入国を隔離義務なしで受け入れる見込みです。

国内でのワクチン接種が進んでおり、9月には80%の国民が接種を完了すると考えられていることから、ワクチン接種が済んだ入国者、帰国者を対象として検討しているということです。

まずは新型コロナウイルス感染症の感染対策が進んでいる国から始め、徐々にビジネスや観光目的での往来増やしていきたい考えです。

目次

  1. シンガポール、ワクチン接種完了率に合わせて入国時の隔離免除を検討
    1. 9月に渡航制限緩和の見込み、8月には国内制限緩和も検討

シンガポール、ワクチン接種完了率に合わせて入国時の隔離免除を検討

シンガポールのローレンス・ウォン財務相は、7月26日の議会において、ワクチン接種が完了している人を対象に入国、帰国時の隔離措置を解除することを検討していると明らかにしました。

シンガポール国内のワクチン接種の進捗に応じて、国内の制限も徐々に緩和していくとしています。

9月に渡航制限緩和の見込み、8月には国内制限緩和も検討

シンガポールは現在、長期滞在パス所有者に限定して入国を許可しており、入国後は14日間の政府指定施設における自己隔離(費用は自己負担)を義務付けています。

そうした中で、シンガポールの国境を徐々に開放していくことを検討していることがわかりました。新型コロナワクチンを接種してる人を対象に、早ければ9月から隔離措置を免除して入国を許可するということです。

なお、まずは感染が収束した国・地域から入国許可、渡航経路を確立していく方針です。

シンガポール政府は、2021年9月までに国民の80%がワクチン接種を完了させると見込んでいます。

シンガポール国内のワクチン接種完了率については、7月26日時点で3,122,180人が接種を完了していると政府保健省から発表されており、Our World in Dataによるデータでは国民の52.48%と示されています。

ローレンス・ウォン財務相はまた、9月の隔離免除に先駆け、8月に国内の行動規制を緩和することも検討していると話しました。現在課されている外食禁止をはじめとした厳しい制限が緩和されていくことが予想されます。

ワクチンが普及した後のニューノーマル(新常態)に向けた計画作りに取り組んでいるということで、今後も国内に向けて接種を促進していく姿勢です。

<参照>

THE INDEPENDENT:Lawrence Wong: Quarantine-free travel, loosened restrictions lie ahead

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる