「ゴンチャ(貢茶:Gong cha)」は2006年に台湾の都市・高雄で生まれた台湾茶のティーカフェブランドです。

2021年現在で世界20か国に1,500店舗を出店しているゴンチャは、日本国内の店舗数が7月16日のセブンパークアリオ柏店のオープンをもって100店舗を突破しました。

ゴンチャ、タピオカブームが去っても出店続けるワケ 7月16日に国内100店舗達成
(画像=▲ゴンチャ メニュー:プレスリリースより、『口コミラボ』より 引用)

タピオカミルクティーブームが去り、さらにコロナ禍で飲食店には厳しい状態が続いている昨今でも、ゴンチャ ジャパンは数年以内に国内400店舗展開を目標として今後も出店を加速していくとしています。

本記事では、ゴンチャが好調を維持し出店を続けられる理由を解説します。

目次

  1. タピオカの現在 ブームは去り、"定番"の人気メニューに
  2. ゴンチャが好調を維持し続ける5つの理由
    1. 1. ブランディングでは「王道を外す」戦略
    2. 2. フード拡充など、タピオカに頼らないメニュー展開
    3. 3. テイクアウトに元々対応していたことがコロナ禍で強みに
    4. 4. スタッフに応募するのは9割が「ゴンチャのファン」高い接客力を維持
    5. 5. 何より「美味しいタピオカ、お茶を提供している」ことが一番の理由
  3. まとめ

タピオカの現在 ブームは去り、"定番"の人気メニューに

2018〜2019年は「第三次タピオカブーム」とも言われます。

実はタピオカが1992年頃に一度目のブームを迎えており、その後諸説あるものの2000年代に第二次ブームが起きたとされます。

しかし「第三次タピオカブーム」後の2020〜2021年には、タピオカ人気はいったんの落ち着きをみせています。

東京商工リサーチによると、2019年9月から2020年3月までの期間にタピオカ関連事業に参入した企業数は52社(うち新設法人は24社)であった一方、2020年4月から8月では13社(うち新設法人は2社)にとどまりました。

しかし2020年4月から8月は新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けていることから、新規出店数が減少したのはタピオカの人気が極端に下がったためということでもなさそうです。

各ブランドはブームを一過性で終わらせないようタピオカ入りドリンクの種類を増やしたり、その他のメニューを用意したりなど模索を続け、タピオカは人気メニューとして定番化してきています。

ゴンチャが好調を維持し続ける5つの理由

ゴンチャはタピオカブームに乗りつつも、ブームが過ぎ去った後も店舗展開に支障がないよう戦略を固めていたようです。

ここでは、ゴンチャがタピオカのブーム後も日本で好調を維持できている理由を5つの戦略にまとめて解説します。

1. ブランディングでは「王道を外す」戦略

2019年の東洋経済新聞によるゴンチャ ジャパンの葛目良輔社長(※1)への取材によると、ゴンチャは日本市場への進出にあたっていくつかの「王道を外す」ブランディングを実施したと語っています。

<ブームだったタピオカミルクティーを前面に押し出さない>

ゴンチャでは主役はあくまでお茶であり、タピオカはトッピングの1つとして扱われています。

タピオカミルクティーは確かに大きなブームとなりましたが、終わるとすぐに飽きられてしまうため、カフェという市場の中で「お茶のチェーン」という潮流を作りたかったということです。

<コーヒーをメニューから外す(※2)>

ゴンチャが出店している20か国のうち、当初は日本でだけメニューからコーヒーが外されていました。

海外では「コーヒーがあれば男性が頼めるからカップルでも入れて客層が広がる」という考えがありますが、日本ではお茶好きな男性やコーヒー嫌いな人のための選択肢の1つとなるように「お茶のお店」であることを前面に出し、「お茶におけるスタバ」のようなポジションを目指してきたといいます。

<初期の出店先に競争が激しい竹下通りやショッピングモールを選択しない>

たとえば原宿の竹下通りや、ショッピングモールなどではタピオカ店の競争が激しく、家賃のコストもかかる一方で飽きられたらすぐに廃れてしまうため、初期の出店先には選択していません。

ゴンチャでは、ユーザーの自宅から学校や勤務先などの目的地までの動線内で「(自宅近くの)日常」「ターミナル駅」「(目的地近くの)非日常」の3つを選択肢にそれぞれ出店しているとのことです。

※1 葛目社長は退任され、現在は前田仁志氏が社長を務めています。
※2 現在ではカフェオレなど、一部コーヒーメニューが追加されています。

2. フード拡充など、タピオカに頼らないメニュー展開

ゴンチャでは2020年10月より初めてのフードメニューとして三種類のお粥の提供を開始し、ストレートティーとのセット価格もメニューに登場しています(2021年7月7日に販売終了)。

また、出店当初は提供していなかったコーヒーメニューも2020年6月以降順次取扱店舗を拡大して、顧客層の拡大と来店頻度の向上をはかっています。

タピオカドリンクは夏場に需要が高く冬場に需要が落ち着く傾向があるため、冬場には「生姜入りホットスムージー」のようなホットドリンクも提供するなど、随時ニーズに合わせたメニュー開発を行なっています。

3. テイクアウトに元々対応していたことがコロナ禍で強みに

ゴンチャはテイクアウト中心のティースタンド形式の店舗をメインとしており、店内にイートインスペースを設置している店舗でも席数を数席しか設けていない店舗がほとんどです。

タピオカブームが全盛期だったころは、タピオカドリンクを片手に持ち歩くことが一種のファッションアイテムのような扱いだったこともあり、駅前ではテイクアウトしたタピオカドリンクを持つ若い世代の姿が多く見られました。

コロナ禍でテイクアウトの需要はこれまでよりも高くなったといえます。ゴンチャのドリンクは密封されていてストローを刺さずに持ち帰ることもできるので、持ち運びのしやすさなどがコロナ禍での強みとなっていると考えられます。

4. スタッフに応募するのは9割が「ゴンチャのファン」高い接客力を維持

ゴンチャ ジャパンの葛目良輔社長は2019年の東洋経済新聞のインタビューの中で、ゴンチャのスタッフ求人に応募してくる人のうち9割がゴンチャのファンだと語っています。

ブランド自体のファンであるスタッフのブランディングへの理解や情熱に支えられて、ゴンチャの単価に見合うサービス品質と店舗での体験という価値を利用者に提供しています。

編集部が以前実施した「口コミ」に関する調査では、飲食店で低評価の口コミがついてしまう理由の第一位は「接客」という結果が出ています。

5. 何より「美味しいタピオカ、お茶を提供している」ことが一番の理由

ゴンチャは店舗展開のブランディングや季節的なキャンペーンの取り組みなど、さまざまな顧客にリーチする運営を行っています。

しかし、ゴンチャが顧客の人気を集める第一の理由は「美味しいタピオカと茶を高品質で提供している」点であると考えられます。

もともと、ブランド名の「ゴンチャ:貢茶」は、お茶の発祥地である中国で古来に、希少な再高品質のお茶を皇帝に献上する「貢茶」が由来です。

店舗で提供されるお茶は上質なお茶の産地と名高い台湾の阿里山(ありさん)の茶葉など、厳選された上質な茶葉を毎日店舗で丁寧に抽出し、抽出後4時間以内のものだけを提供しています。

ゴンチャ、タピオカブームが去っても出店続けるワケ 7月16日に国内100店舗達成
(画像=▲ゴンチャ 基本の四種類の茶葉:口コミラボ編集部スクリーンショット、『口コミラボ』より 引用)

また、人気の高いタピオカは本場台湾から直輸入して店舗で丁寧な仕込みを行い、作ってから5時間以内のものを提供している自慢の逸品です。

ドリンク提供時には「タピオカが固くなってしまいますので1時間以内にお召し上がりください」とスタッフからの声かけがあり、美味しく飲んでもらうための工夫を欠かさない細やかな心配りが感じられます。

このように飲食店において「サービスの品質が高い」ことは何よりも重要です。いくらマーケティングに力を入れていても、サービス自体の質が悪ければ顧客に売り込むのは難しいでしょう。

反対にサービスの質が良ければ、いずれ消費者の口コミを通じて広まっていきます。

ゴンチャ、タピオカブームが去っても出店続けるワケ 7月16日に国内100店舗達成
(画像=▲ゴンチャ タピオカについての投稿:Twitterより、『口コミラボ』より 引用)

Twitter:ゴンチャ@gongcha_japan の投稿

まとめ

グローバルに20か国で展開し日本国内では100店舗を達成したゴンチャは、ブームだったタピオカにのみ比重を置くのではなく主役はあくまでお茶として「お茶のお店」であるというブランディングを大切にしてきました。

また、安定した質の高いサービスがファンを作り、そのファンをスタッフとして獲得することでさらに質の高い接客力の確保につながったのです。

2021年7月8日からは、コロナ禍で国内の多くの人々が旅行を自粛せざるを得ない中、旅行気分を味わえる「旅するゴンチャ」という期間限定商品を販売開始しています。

ゴンチャ、タピオカブームが去っても出店続けるワケ 7月16日に国内100店舗達成
(画像=▲「旅するゴンチャ」期間限定メニュー紹介:口コミラボ編集部スクリーンショット、『口コミラボ』より 引用)

コロナ禍でも様々な商品やキャンペーンを打ち出し、さらに新規出店も加速しているゴンチャに今後も注目です。

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】