日本航空(以下:JAL)は、顔認証技術を活用した新しい搭乗手続き 「Face Express」、の本運用に入ります。

2021年4月以降、JALは成田国際空港株式会社と東京国際空港ターミナル株式会社による 「Face Express」の実証実験に参画していました。国際線が多く飛び交う2空港において、円滑で安心な手続きが本格的に実現されるということです。

また、本システムの導入は、アフターコロナの航空需要回復時にも効果を発揮すると考えられます。

目次

  1. 国内2空港の国際線ターミナルで顔認証の搭乗手続き開始
    1. 手続き簡略化で利便性と安全性向上、アフターコロナの航空需要回復時にも対応

国内2空港の国際線ターミナルで顔認証の搭乗手続き開始

JALは、2021年7月19日より、成田空港と羽田空港発の国際線で、顔認証技術を活用したご搭乗手続きの本運用を開始します。

スムーズな搭乗手続きに役立てるとともに、コロナ下において重視されている「接触機会の減少」も実現し、安全・安心な旅をサポートします。

手続き簡略化で利便性と安全性向上、アフターコロナの航空需要回復時にも対応

Face Expressとは、顔認証による搭乗手続きの事です。

空港での最初の手続きの際に顔写真を登録すると、その後の手荷物預け、保安検査場、搭乗ゲートなどの各手続きでは、搭乗券やパスポートを提示することなく通過または手続きができるようになります。

これにより、従来よりもスムーズかつ接触機会の少ない搭乗手続きが実現されるということです。

JAL、羽田と成田で「Face Express」の本運用開始 顔認証を活用した搭乗手続きでスムーズかつ安全な旅をサポート
▲顔認証による搭乗手続きの流れ:JALプレスリリースより(画像=『訪日ラボ』より引用)

引用元:JALプレスリリース

実際に顔写真を登録できるのは、成田空港では第2ターミナルの自動チェックイン機、自動手荷物預け機、保安検査場入口ゲートのうちのいずれか、羽田空港では第3ターミナルのFace Express登録専用機となります。

JAL、羽田と成田で「Face Express」の本運用開始 顔認証を活用した搭乗手続きでスムーズかつ安全な旅をサポート
▲成田空港での顔写真登録のイメージ:JALプレスリリースより(画像=『訪日ラボ』より引用)

引用元:JALプレスリリース

コロナ下では、検査の陰性証明やワクチン接種証明書といった健康状態を示すものの提示が求められるなど、コロナ前には無かった出国、入国時の手続きが必要とされています。

これを踏まえて、IATAは、2年後には世界の航空需要が回復しコロナ前を超えるとの予想とともに、健康状態のチェックなどによって空港での待ち時間は最大8時間に上るとの試算を公表しました。すなわち、各航空会社は手続きの簡略化が求められているのです。

こうした中でのJALの顔認証手続きシステムの導入は、ストレスの少ない空港利用と待ち時間の短縮へとつながっていくでしょう。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる