「不治の病」というイメージのあるエイズ(AIDS:後天性免疫不全症候群)を完全に駆逐できる「超免疫」ともいえる体質を持った人間の存在が明らかになりました。

8月26日に学術雑誌「Nature」に掲載された研究によれば、この奇跡の患者はエイズを完全に自力で自然治癒させていたとのこと。

治癒後、患者の体にはまともに動くエイズ遺伝子は存在せず、わずかに残った遺伝的痕跡すらも消えかけていたのです。

エイズはヒトの免疫を低下させますが、この奇跡の患者は、エイズウイルス(HIV:ヒト免疫不全ウイルス)の「人の免疫を低下させる機能」すら、超免疫で撃破していたことになります。

今回の研究ではこの世界初のケースを報告すると共に、奇跡のメカニズムの解明も試みられました。

いったいどんな仕組みがエイズウイルスを完封していたのでしょうか?

目次

  1. エイズをコントロールする驚異の「エリートコントローラー」
  2. エリートコントローラーはただの幸運の持ち主ではない
  3. エリートの中のエリートは病状コントロールの必要のない自然治癒者だった
  4. 自然治癒者の力を全ての患者に届ける

エイズをコントロールする驚異の「エリートコントローラー」

エイズを「自然治癒」させた超免疫持ちの人間が発見される
(画像=エイズに対する耐性は個人によりまちまちだが、一部の人はエイズになってもずっと健康でいられる/Credit:depositphotos、『ナゾロジー』より引用)

コロナウイルスと同じように、エイズウイルスに感染した人間の症状は様々です。

運悪く数年で発症して亡くなってしまう人もいれば、10年・20年と力強く免疫能力を保ったまま暮らす人もいます。

これらエイズに対する生存率の違いは、抗ウイルス薬の服用の有無だけでは説明がつかず、バックグラウンドに存在する、個人の免疫能力の差のためだと考えられています。

そしてこれらエイズの病状をよくコントロールしている人々(感染者のうち0.5%)は、エリートコントローラー(以下、EC)と呼ばれるようになっていました。

そこで今回、アメリカ、ラゴン研究所の研究者たちはECと一般の患者で何が違うか調べることにしました。

ECの秘密を解き明かすことで、新たなエイズ治療薬の開発に繋がる可能性もあるからです。

エリートコントローラーはただの幸運の持ち主ではない

エイズを「自然治癒」させた超免疫持ちの人間が発見される
(画像=エイズに耐性がある人は感染してもエイズウイルスがほとんど生産されない/Credit:Nature、『ナゾロジー』より引用)

秘密を探るにあたって、研究者たちは64人のECと41人の通常の感染者の協力を仰ぎ、彼らから細胞の供与を受けました。

エイズは1本鎖RNAの遺伝子を持つレトロウイルスであり、感染すると自身の遺伝子をDNAに変換して人間の遺伝子の中に組み込み、継続的に自己複製を行うようになります。

一方、現在流行しているコロナウイルスは細胞に感染しても、人間の遺伝子の中に自分の遺伝子を入り込ませることはありません。

研究者たちは最初、ECに感染したエイズは一種の「弱毒化」したものだと考えていました。

ですが、結果は予想とは異なりました。

驚くべきことに、ECの遺伝子内部には、完全な形のエイズ遺伝子が一般患者と同じように挿入されていたのです。

しかし1つ大きな違いがありました。

ECの場合、ウイルス遺伝子が挿入された場所の多くが「遺伝子砂漠(ヘテロクロマチン)」と呼ばれるほとんど活動がない領域だったのです。

エイズウイルスの自己複製は人間の細胞の遺伝活性に依存しているため、不活発な地域に差し込まれたエイズ遺伝子もまた、活動することができなかったのです。

ではECは幸運がもたらした産物でしかないのでしょうか?

その疑問は、ある女性患者「エリートコントローラー2(以下、EC2)」の出現によって否定されました。

エリートの中のエリートは病状コントロールの必要のない自然治癒者だった

エイズを「自然治癒」させた超免疫持ちの人間が発見される
(画像=ある患者EC2はエイズの遺伝子を粉砕して自然治癒させていた/Credit:depositphotos、『ナゾロジー』より引用)

ECの遺伝分析を続ける中、研究者たちは驚きの事実に遭遇します。

彼女は24年に渡りエイズ治療薬を飲まずに健康体を維持しており、彼女の細胞には、まともな配列を維持したエイズウイルスの遺伝子が存在していなかったことが判明したのです。

ECの体に感染していたエイズの遺伝子は欠損し、不完全な残骸のような姿になり果てていました。

エイズウイルスと言えども、遺伝子がズタズタの状態では自己複製はできません。

このことはつまり、EC2がエイズから自然治癒を成し遂げていたことを意味します。

EC2の体内では、まともなエイズの遺伝子を組み込まれていた感染細胞が、その超免疫によって全て排除されていたのです。

このことから研究者は、EC2ほどではないにしても、ECたちの体内でも類似の反応が起き、活発な遺伝子区域にエイズ遺伝子が入り込んでしまった細胞もまた強い免疫により排除されたのだろうと予測しました。

ECの体内で、エイズ遺伝子が不活発な遺伝子区域にだけみられたのは、活発な遺伝子区域にエイズ遺伝子を持っていた感染細胞が強い免疫によって排除されていた結果だというのです。

自然治癒者の力を全ての患者に届ける

エイズを「自然治癒」させた超免疫持ちの人間が発見される
(画像=EC2は女性だという/Credit:depositphotos、『ナゾロジー』より引用)

今回の研究により、免疫機能によってエイズ遺伝子の活動を封じ込めたり、遺伝子そのものを使い物にならないほどまで破壊できることがわかりました。

鍵となるのは、エイズの遺伝子を取り込んだ感染細胞を、いかに効率よく排除できるかになります。

もし自然治癒者「EC2」の持つ超免疫を治療薬に組み込むことができれば、感染細胞を根絶し、エイズの遺伝子を体内から消し去ることも可能になります。

そうなれば、パートナーと避妊具なしの性行為を行い、子供を作ることも可能になるでしょう。

世界に蔓延るエイズが、たった一人の超免疫によって駆逐される日は近いのかもしれませんね。


参考文献

sciencenews


提供元・ナゾロジー

【関連記事】
ウミウシに「セルフ斬首と胴体再生」の新行動を発見 生首から心臓まで再生できる(日本)
人間に必要な「1日の水分量」は、他の霊長類の半分だと判明! 森からの脱出に成功した要因か
深海の微生物は「自然に起こる水分解」からエネルギーを得ていた?! エイリアン発見につながる研究結果
「生体工学網膜」が失明治療に革命を起こす?
人工培養脳を「乳児の脳」まで生育することに成功