トリップアドバイザーが6月23日に「2021トラベラーズチョイス ベストオブ・ザ・ベストツアー・アクティビティ」を発表しました。

同社のプレスリリースによると2021年度版のランキングでは、新型コロナウイルスの影響でアウトドアや水辺で行うアクティビティの人気が高まったほか、少人数で催行されるツアーが多く選出されたようです。

今回は、前述したランキングから一部の体験を抜粋して、各部門で1位に選出された体験型ツアーの人気の理由を考察していきます。

目次

  1. 体験型ツアーの需要が伸びたと考えられる原因
  2. 総合1位のジェットスキーツアー(ドバイ)
  3. ラグジュアリーツアー部門1位のアンコール、滝、水上村、バンテアイスレイ寺院の3日間の発見
  4. サイクリング部門1位のレッドロックキャニオンの自転車ツアー
  5. 世界1位の要因は「人」にかかっている

体験型ツアーの需要が伸びたと考えられる原因

国土交通省の「体験型観光コンテンツ市場の外観」によると、海外旅行に期待すること(求める価値)の上位に「現地でしか体験できないこと、本物の体験」「家族や知人に話せるような旅先での面白い体験」が挙げられており、体験型ツアーの人気が伸びていると考えられます。

他にも体験型ツアーの需要が伸びたと考えられる原因として以下が挙げられます。

  • アクティビティを五感で体験し地域の人との交流が深まることで、その土地ならではの学びや独自の体験を得られるから。
  • コロナ禍で自粛を強いられている事への反動で、身体を動かしたい人が多いから。
  • コロナの感染拡大への懸念で、3密を避けた水辺で行うアクティビティだから。

総合1位のジェットスキーツアー(ドバイ)

トリップアドバイザー「体験型ツアー」世界1位はなにがすごい?実在の口コミから考察
(画像=Tripadvisorで紹介されているドバイの「ジェットスキー・ツアー」:Tripadvisor公式サイトより、『訪日ラボ』より引用)

このツアーは、ペルシャ湾での観光をジェットスキーで体験できるというものです。

視界を遮るものはなくジェットスキーのスリルや疾走感を楽しむことに加え、ブルジュアルアラブやパーム・ジュメイラを眺めることが出来ます。

ドバイで人気となっている「ジェットスキー・ツアー」の口コミを、Tripadvisor公式サイトより抜粋しました。

(※以下、記事中で紹介する口コミは英語の原文を翻訳しています。)

  • コロナの感染拡大への懸念で密を避ける行動が重視されている点で、密を避けて水辺で楽しめる。
  • ガイドがフレンドリーかつ丁寧で、私が感じる海への怖さを取り除いてくれました。
  • 最初から最後まで非常にプロで丁寧なフレンドリーなスタッフがいました。
  • ガイドは皆の写真を撮るというとてもいい仕事をしていて、我々を撮ったときに写真を望んだ誰にでも全ての写真をAirDropしてくれました。
  • ガイドチームは全員友好的かつ親切で、私のような初心者のジェットスキーヤーを助けました。

スリルあるジェットスキーを初めて体験する観光客が多く、それらの不安を取り除いてくれるガイドの対応と丁寧な接客が口コミでは多く評価されていました。

ラグジュアリーツアー部門1位のアンコール、滝、水上村、バンテアイスレイ寺院の3日間の発見

トリップアドバイザー「体験型ツアー」世界1位はなにがすごい?実在の口コミから考察
(画像=Tripadvisorで紹介されている「アンコール、滝、水上村、バンテアイスレイ寺院の3日間の発見」:Tripadvisor公式サイトより、『訪日ラボ』より引用)

このツアーは、アンコールワットをはじめプノンバケンでの夕日鑑賞やトンレ・サップ湖、バンテアイスレイやバイヨンの寺院跡を巡り、カンボジアの歴史的建造物を幅広く観光するものです。

カンボジアで人気となっている「アンコール、滝、水上村、バンテアイスレイ寺院の3日間の発見」の口コミを、Tripadvisor公式サイトより抜粋したものを紹介します。

  • 彼(ガイド)は非常に我慢強く、またユニークな写真スポットを知っていて最高の写真を撮るといつも申し出てくれました。
  • ドライバーは丁寧で礼儀正しく提供された車には、多くの水と冷たいタオルが用意されていました。また、素敵なレストランを提案とカンボジアの文化と歴史を私たちに共有してくれました。
  • 私たちのグループには子供がいますが、ガイドは私たちの要求に応える為にとても忍耐強く柔軟に対応してくれました。
  • オーナーのラクサ氏は旅程の計画に非常に役立ち、彼は私たちの質問に詳細に迅速さをもって答えてくれました。
  • ガイドのコミュニケーション能力は格別で、全ての質問に満足のいく回答が得られた。
  • カンボジアの文化に熱心なガイドは、寺院、宗教、農業、地元の人々に関する多くの知識が豊富なためツアーを有意義なものにしてくれました。

カンボジアの歴史や観光地についての知識が豊富なガイドによる、観光客からの熱心な質問に対する答えや対応が口コミでは多く評価を受けていました。

また外務省の公式HPによると、カンボジア(プノンペン)は熱帯性モンスーン気候に属しているが故に、ガイドによる暑さ対策のおもてなしも高く評価されていました。

サイクリング部門1位のレッドロックキャニオンの自転車ツアー

トリップアドバイザー「体験型ツアー」世界1位はなにがすごい?実在の口コミから考察
(画像=Tripadvisorで紹介されているアメリカのレッドロックキャニオンサイクリングツアー:Tripadvisor公式サイトより、『訪日ラボ』より引用)

このツアーはレッドロックのキャニオンの周辺を、E-bike(電動自転車)で22マイル(35.4㎞)走るというものです。

アメリカで人気となっている「レッドロックキャニオンサイクリングツアー」の口コミを、Tripadvisor公式サイトより抜粋しました。

  • 皆初めてのE-bikeで、ガイドらは素晴らしいアドバイスでとてもフレンドリーでした。
  • 私はウェブサイト上のチャットでガイドと連絡をとり、彼女は全ての質問を解決しました。彼女が全ての質問に辛抱強く答えたことは非常に私の役に立ちました。
  • ツアー中寒かったのですが彼はコートと手袋をいくつか提供し、私が持っていないのをを見て彼自身のサングラスを貸してくれました。
  • このツアー運営は家族経営で、サービス思考が非常に高いです。

レンタル用品並びにE-bikeの質が良く、完璧な装備と一流のスタッフによるレクチャーでツアーを楽しめたと大きく評価を受けていました。

またツアー運営会社の家族経営によるフレンドリーな対応と自転車に乗れればこのツアーを誰でも楽しめることも大きな要因だったようです。

世界1位の要因は「人」にかかっている

そのほかの各部門で1位に選出されたツアーの口コミについても、ガイドの人柄やホスピタリティ精神に関して高い評価が多くありました。

各部門1位のツアーの口コミを参照にすると観光客が有意義で心の充足感を得たツアーには、ガイドの対応やホスピタリティ精神など「人」に占める割合が大きいことがわかりました。

体験内容に注目しがちなツアーの評価ですが、ガイドがいかに観光客を各体験に没入させて、満足のいく接客をするかどうかが人気のカギになったと考えられます。

<参照>

トリップアドバイザー:プレスリリース

国土交通省:体験型観光コンテンツ市場の概観

外務省:世界の医療事情(カンボジア)

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる