6月頃から新型コロナウイルスのワクチン接種が本格的に始まり、来客数減少に苦しむ観光業界、飲食業界などにも回復の兆しが少しずつ見え始めています。

本記事では、ワクチン接種を完了した利用客向けのキャンペーンを始めた富士急グループほか、各企業の取り組みについて紹介します。

目次

  1. 富士急グループ、ワクチン接種者の施設利用を促進

富士急グループ、ワクチン接種者の施設利用を促進

富士急グループは、2回目のワクチン接種済証明書を提示すると、富士急ハイランドをはじめ各施設で様々な特典を受けることができるキャンペーンが2021年7月1日からスタートしています。

ワクチンの接種が進む中、グループ施設の利用を促進するねらいがあるものとみられます。

7月21日にオープンする展望台「FUJIYAMAタワー」への入場料(通常大人1,400円)が無料になるほか、富士山ステーションホテルやさがみ湖プレジャーフォレストなど、約30か所の施設で特典を受けることができます。期間は同年8月31日までです。(※FUJIYAMAタワー特典利用は8月9日まで)

詳しくは以下プレスリリースをご覧ください。

  • 富士急行プレスリリース:ワクチン2回接種でFUJIYAMAタワーの入場が無料に

このような取り組みは飲食店業界でも行われています。

たとえば居酒屋や焼肉店などを全国で展開するワタミは、ワクチンを2回接種した方に、全国のワタミの飲食店で来店時ドリンク1杯が無料になるサービスを6月1日から始めています。同じく「魚民」などを全国に展開するモンテローザは6月21日より、対象店舗にてワクチンを2回接種した人に最初のドリンク1杯を1円で提供する割引キャンペーンを行っています。

また宿泊業界でも同様の取り組みがあり、宮城県にある小松館好風亭は、ワクチンを接種した方の宿泊料金もしくは、食事代が10%オフになるキャンペーンを6月12日から始めています。

こうしたキャンペーンは、集客と感染対策を両立する新しい取り組みとしてこれからも注目を集めるでしょう。

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】