東京都産業局は、観光関連の補助金として「アドバイザーを活用した観光事業者支援事業」と「観光業界における経営課題解決促進事業」を実施しています。

「アドバイザーを活用した観光事業者支援事業」では都内の観光事業者を対象に、外部の専門家から助言を受けて行う経営の改善や、新しい事業の展開に要する経費を補助しています。

「観光業界における経営課題解決促進事業」では、都内に事務所を有する観光業界団体等が取り組むサービスのレベルアップや生産性向上に向けた取組などへ支援します。

本記事ではこの2つ事業について紹介します。

目次

  1. 支援1. 「アドバイザーを活用した観光事業者支援事業」
  2. 支援2. 「観光業界における経営課題解決促進事業」

支援1. 「アドバイザーを活用した観光事業者支援事業」

まず、「アドバイザーを活用した観光事業者支援事業」について以下に概要をまとめています。

募集期間 令和3(2021)年6月23日(水)から令和4(2022)年1月31日(月)まで ※補助金申請額が予算額に達した時点で受付終了
補助対象者 都内で宿泊業、飲食業、小売業、旅行業、観光バス業などを営む観光事業者
補助事業内容 アドバイザーなど外部の専門家から助言を受けて行う経営の改善や新しい事業の展開に要する経費【補助対象経費】
・DX化促進費(システム構築・開発費等、ソフトウェア導入費等)
・機械設備導入費(経営改善のために必要な機械装置、備品購入費等)
・新サービス
・商品開発費(外注・委託費、施設建物改装工事費等)
・人材育成費(アドバイザー謝金、セミナー会場費等)
・広告宣伝費(Web制作費、動画作成費等)
補助額・補助率 ・補助限度額 100万円
・補助率 3分の2
補助対象期間 交付決定日から令和4(2022)年2月28日(月)まで

募集要項や申請書類一式については、以下の公式サイトから閲覧、ダウンロードすることができます。

支援2. 「観光業界における経営課題解決促進事業」

次に、「観光業界における経営課題解決促進事業」について以下に概要をまとめています。

募集期間 令和3(2021)年5月26日(水)から令和4(2022)年1月31日(月)まで ※補助金申請額が予算額に達した時点で受付終了
補助対象者 ・都内に事務所を有し、旅行者向けの事業を営む観光関連業界団体
・都内に営業施設を有する4社以上の中小企業の観光関連事業者で構成されるグループ(なお、グループには中小企業者が2分の1以上を占めていること)
補助事業内容 ・サービスのレベルアップや生産性向上に向けた取組
・人材育成、感染症対策などのPRに関する取組など【具体例】
・旅行者の利便性の高いネット販売システムの導入費用
・業務効率化に向けた共通システムの開発費用
・人材育成に係る費用(DX、感染防止対策ガイドライン研修等)
・業界としてのPR実施費用(感染防止対策等)など
補助額・補助率 ・補助限度額 1団体(グループ)2,000万円
・補助対象経費の3分の2以内
補助対象期間 交付決定日から令和4(2022)年2月28日まで

詳しい必要事項に関しては、以下の東京都産業局公式サイトをご覧ください。

東京都産業労働局:観光業界における経営課題解決促進事業

これら2つの事業以外にも、東京都産業労働局では「令和3年度 観光関連事業者向け派遣型セミナー・アドバイザー派遣」など様々な支援を実施しています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる