韓国国土交通部は6月29日、ソウル市内のホテルで北マリアナ諸島(米自治領)のサイパンと「トラベルバブル」合意文の署名式を行ったと発表しました。

今回の合意は、6月6日に韓国政府がトラベルバブルの推進策を発表してから初の合意地域となりました。

両国間の合意内容によると、旅行できるのは両国の国籍を持つ人やその外国人の家族で、自国の保健当局が承認したワクチンの接種を完了してから14日以上経過していることが条件となります。

目次

  1. 韓国トラベルバブルへ、まずはサイパンから

韓国トラベルバブルへ、まずはサイパンから

韓国国土交通部は7月1日、写真付きでサイパンとのトラベルバブル調印の様子を発表しました。

なお現地メディアによると、トラベルバブルで利用される両国の保健当局が承認したワクチンは米ファイザー、米モデルナ、米ヤンセンファーマ、英アストラゼネカの4種です。

トラベルバブルを利用した旅行には、保健当局が発行した接種証明書と出発前72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書が必要です。

現地に到着した当日に再度検査を受けて指定されたホテルの客室で待機し、陰性が確認されれば自由に旅行できます。

なお、今回の合意によって実際に旅行が可能になる時期は、現地の防疫措置の事前点検と旅行会社の集客のための準備期間を考えると早くても7月末~8月初めと予想されています。

今回の合意締結に当たり金弘洛(キム・ホンラク)国土交通部国際航空課長は「今回の協定締結が航空や観光産業の回復につながることを願う」とし、「今後も防疫優秀国とのトラベルバブル締結のために努力する」と述べました。

なお韓国疾病管理庁によると、韓国のワクチン接種率は7月1日現在全人口の約30%でした。日本では同日首相官邸が発表したデータによると、ワクチン接種率が18%程度と韓国よりも10%程度遅れています。

ただし日本においては、残り10%程度ほどワクチン接種率があがればトラベルバブルが導入される一つの目安になるとも考えられます。

日本においても同様に、安全を担保しつつトラベルバブルを導入を検討することが求められると考えられます。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる