越境EC事業を展開するBEENOS株式会社(以下:BEENOS)が、「BEENOS 2021年上半期 越境ECランキング」を発表しました。

2021年上半期の消費動向は、新型コロナウイルス感染症の影響が継続して表れています。同時に、商品別ランキングでは従来の人気商品も変わらずランクインしました。

コロナ下を経た越境ECの実態から、ポストコロナの時代にインバウンド事業者が押さえておきたいポイントを見ていきます。

目次

  1. BEENOS、2021年上半期越境ECランキングを発表
    1. 越境EC二大ジャンルはホビーとファッションに
    2. 商品別ランキングでは定番商品と人気商品の両方がランクイン
    3. 2021年上半期からうかがえる「日本推し」消費、今後の変化は?

BEENOS、2021年上半期越境ECランキングを発表

「BEENOS 2021年上半期 越境ECランキング」は、日本から海外に売れている商品をランキングにまとめたものです。

同ランキングでは、BEENOSグループの購買データを元に、売れている商品の網羅的な消費傾向を表す「二大ジャンル」 、より詳細な人気商品がわかる「商品別ランキング」の2種類が発表されています。

越境EC二大ジャンルはホビーとファッションに

2021年上半期の二大ジャンルには、「ホビー」、「ファッション」が選ばれました。どちらのジャンルにも共通していることは、希少性の高い商品が人気であるという点です。

2021年上半期、海外で売れた日本の商品は?コロナ禍で生まれた「日本推し」の動き
(画像=▲BEENOS 2021年上半期 越境EC 二大ジャンル:BEENOSプレスリリースより、『訪日ラボ』より引用)

引用元:BEENOSプレスリリース

BEENOSは、上半期は日本の人気アニメが世界的ヒットしたり、トレーディングカードが数千万円単位で海外で取引されたりと、日本のコンテンツを「推す」世界のファンの想いが消費に表れたと分析しています。

またBEENOSによると、「ホビー」商品など趣味性の高い商材は、世界中の消費者にリーチできる越境ECにおいて需要が高くなる傾向があるということです。

特に、2021年上半期は、トレーディングカードへの需要が高まったようです。特典カードが入った限定商品が人気を集めたほか、クリエイターによる創作の総合マーケット「BOOTH」では世界的にも有名なVTuberのグッズが好調でした。

「普通は手に入れられない」というプレミア感が一定層のファンの熱気を高め、流通へとつながったとされています。

「ファッション」ジャンルについては、日本のアパレルブランドの品質とこだわりのデザインは海外でも評価され、人気を集めているということです。

特に、ストリートファッションブランドや日本のデザイナーズブランドが海外から熱い支持を得ました。日本発の商品は状態が良いと評判で、世界的にも需要が高く、限定スニーカーやラグジュアリーブランドのアイテムが人気です。

「ファッション」分野においても、「ホビー」と同じように、希少性の高い商品の需要が高いことがわかります。

商品別ランキングでは定番商品と人気商品の両方がランクイン

2021年上半期に見られた消費傾向、「ホビー」や「ファッション」の人気が高かった中、商品別ランキングでは定番商品もランクインしました。

BEENOSは、インバウンド需要のオンライン化、手芸用品や食料品が売れたことから、「おうち時間」の充実といったコロナ禍の影響を受けた消費傾向が継続して表れたとみています。人気商品トップ10のランキングは以下の通りです。

2021年上半期、海外で売れた日本の商品は?コロナ禍で生まれた「日本推し」の動き
(画像=▲BEENOS2021年上半期 越境EC商品別ランキング:BEENOSプレスリリースより訪日ラボ編集部作成、『訪日ラボ』より引用)
2021年上半期、海外で売れた日本の商品は?コロナ禍で生まれた「日本推し」の動き
(画像=▲BEENOS 2021年上半期 越境EC商品別ランキング 商品画像:BEENOSプレスリリースより、『訪日ラボ』より引用)

引用元:BEENOSプレスリリース

1位には、刃物のまちとして知られる関の「パンフラワー用ハサミ」が、2位には倉敷の「軽量用防振ゴムKXBシリーズ」がランクインしました。1位、2位から、日本のメーカーこだわりの「ものづくり」が海外からも厚い支持を受けていることがわかります。

3位と5位には、先に見てきたように、越境ECで強いジャンルである「ホビー・カルチャー」商品が並びました。

3位の「ホットウィール ニッサン シルビア(S15)」は世界が誇るスポーツカーのダイキャストで、巣ごもりで高まるコレクション熱を反映したものだといえます。

5位には釣り具「ASA015ハゲ皮サビキ」が入り、ソーシャルディスタンスを保てるアウトドアの世界的な人気を象徴した結果となったということです。

また、6位の「マンダム ホールドジェル ウェット&ハード」は、ハードタイプのヘアジェルです。海外から長年愛される日本企業の定番商品がランクインし、「日本ファン」からの根強い支持が見られます。

9位と10位には、日本らしさを味わえる商品がランクインしました。

9位は、藍染めや草木染など染色に最適な布「綿シャーチング・オフホワイト精練済み」で、10位には「豆皿 7.5cm 淡ピンク 和食器」(株式会社あづま商店)がランキング入りしています。

コロナ禍によって訪日できない今、ハンカチや小物を手作りして、好みの色に染めてみたり、お皿だけでも日本の気分を味わったりと商品から日本に親しんでいるのかもしれません。

インバウンド消費のために海外に日本製品を出品することは、変わらず効果が期待できるのではないでしょうか。

2021年上半期からうかがえる「日本推し」消費、今後の変化は?

2021年上半期、日本では「推し活」が活発になったとされていますが、これは海外にも広がったようです。

日本のアニメやゲーム、VTuber といった自分の「推し」を応援する海外ファンの熱い気持ちは、流通にも結びつきました。自粛期間に日本のコンテンツに接する時間が増え、ファンの層が広がったこと、感染症拡大の影響によりDXが急速に進んだことでボーダレスに世界のファンがつながり、コミュニティ内の熱狂が消費に発展したことが挙げられています。

これが二大ジャンルに反映され、商品別ランキングにも波及しています。この風潮がいつまで続いていくかを見極めることが、コロナによって絶えず変化し、転換点すらも迎えているインバウンド業界で求められることだと考えられます。

また2021年下半期には、世界各国のワクチン接種がさらに進み、コロナ終息も期待されます。

オンラインからオフラインへ戻っていく場面が少なからず訪れることも予想できるでしょう。一方で、観光のDX化が求められているように、デジタル技術との共存は今後発展していくとも考えられます。

これらの変化が、今後の越境ECの消費動向、さらにインバウンド消費全般にどのように影響していくかも注視する必要があります。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる