旅行予約サイト、Tripadvisor®(以下:トリップアドバイザー)は、2021 トラベラーズチョイスベスト・オブ・ザ・ベストツアー・アクティビティを発表しました。

1位はドバイのジェットスキー・ツアーが獲得し、日本からはサイクリングツアー部門で「小グループで行く東京自転車ツアー」が10位に、「東京西側サイクリング&フードツアー」が17位に選ばれました。

2021年のランキングの傾向としてはアウトドアや水辺を中心としたものが多く、日本から選出されたものは自転車でまわるツアーが多かったということです。

目次

  1. トリップアドバイザー、世界の「体験ツアー」ランキングを発表
    1. 総合1位はドバイが獲得、アフターコロナのトレンドも反映
    2. 日本の「サイクリングツアー」が評価、東京と京都の高い人気も

トリップアドバイザー、世界の「体験ツアー」ランキングを発表

トリップアドバイザーは、世界のアクティビティを伴うツアーの人気ランキングを公表しました。

世界総合1位となったのはドバイの水上レジャーでした。トリップアドバイザーは「ウォーターアドベンチャー」は新型コロナウイルス感染症の流行を経て注目が集まったコンテンツだとしています。

総合1位はドバイが獲得、アフターコロナのトレンドも反映

トリップアドバイザーは、6月23日に「2021トラベラーズチョイスベスト・オブ・ザ・ベストツアー・アクティビティ」を発表しました。これは「トラベラーズチョイスアワード体験・ツアー」がリニューアルされたもので、今年からは11部門と世界10都市別のランキングが設けられています。

「自然とハイキングのアクティビティ」、「ウォーターアドベンチャー」、「非日常の体験」などは、パンデミックが始まって以来、注目とニーズが高まっているアウトドアのアクティビティで、これを反映した部門となっています。

総合的なランキングではドバイのジェットスキー・ツアーが1位に輝き、同コンテンツは「ウォーターアドベンチャー」でも首位を獲得しています。

トリップアドバイザー、世界の「体験ツアー」ランキングを発表 1位はドバイ、日本は10位と17位に
(画像=▲「2021 トラベラーズチョイスベスト・オブ・ザ・ベストツアー・アクティビティ」部門別1位:トリップアドバイザープレスリリースより訪日ラボ編集部作成、『訪日ラボ』より引用)

また、トリップアドバイザーによると、2021年のトレンドとして、ランクインしたアクティビティはアウトドアや水辺を中心としたものが多かったとされています。

日本の「サイクリングツアー」が評価、東京と京都の高い人気も

日本からは、全世界ランキングで1位のコンテンツは無かったものの、サイクリングツアー部門で「小グループで行く東京自転車ツアー」が世界10位に、「東京西側サイクリング&フードツアー」が世界17位に選ばれたということです。

日本の「サイクルツーリズム」が発展してきているといえるのではないでしょうか。

今回の発表では、日本に限定したランキングも公表されています。トップ10のうち、東京都と京都府のコンテンツがそれぞれ4つずつランクインしており、人気の高さがうかがえます。

トリップアドバイザー、世界の「体験ツアー」ランキングを発表 1位はドバイ、日本は10位と17位に
(画像=▲トラベラーズチョイスアワードベスト・オブ・ザ・ベストツアー・アクティビティ(日本)「人気の体験(全般)」部門上位10位:トリップアドバイザープレスリリースより、『訪日ラボ』より引用)

日本で1位だった「Tokyo Walking Tour with Licensed Guide Shinjuku(通訳ガイドと新宿まち歩き)」は、総合ランキングでもアジア7位にランクインしています。

東京は世界的にも魅力のある観光都市であることが再認識できます。

観光庁は2021年版の観光白書の中で、アフターコロナの観光コンテンツとしてアクティビティを伴うコンテンツの醸成を掲げており、アクティビティは今後ますます注目を集めるコンテンツとなるでしょう。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる