イタリアでは、政府が6月21日に日本からの入国制限をグリーン証明書の提示により隔離なしに緩和しました。

また、イタリアのアリタリア航空は7月上旬から羽田への直行便の運航を再開することを発表しました。

このような状況を踏まえイタリア駐日大使のジョルジョ・スタラーチェ氏は、日本もヨーロッパからの入国基準の緩和を強く期待すると述べています。

目次

  1. イタリア政府、日本人の入国制限を大幅緩和
  2. イタリアへ入国するにあたって必要なこと
  3. 7月上旬にはローマ/東京直行便が復活

イタリア政府、日本人の入国制限を大幅緩和

イタリア政府は6月21日に日本からの入国者に対して、入国条件をこれまでの10日間の自主隔離から、隔離なしに変更しました。

なお、入国する際には日本国民はイタリア政府に対して必要書類の提出が必要です。

イタリアへ入国するにあたって必要なこと

日本人がイタリアに入国するにはグリーン証明書3種類のうち1種類の提示と、入国前のデジタルフォーマットの指定様式(居所情報)を入力が必要です。

なお、グリーン証明書は以下のいずれかの内容を示すものになります。

  • 欧州医薬品庁(EMA)が認めた新型コロナウイルスワクチン(2021年6月20日時点で、ファイザー製、モデルナ製、アストラゼネカ製、ジョンソン・エンド・ジョンソン製)を接種し、規定の回数のワクチン接種完了から少なくとも14日以上が経過したこと。
  • 新型コロナウイルス感染症から治癒し、感染に伴い指示された隔離を終了したこと。
  • イタリア入国前48時間以内に抗原検査又はPCR検査を実施し、結果が陰性であったこと。

グリーン証明書を持っていない場合には、イタリア入国前72時間以内に実施した抗原検査又はPCR検査の陰性証明提示、入国後10日間の自己隔離、自己隔離後の再検査が義務付けられます。

また、イタリアへの入国に先立つ14日間に、イタリア政府が示す入国制限を行う国の枠組みにおいてリストC、D、Eの国・地域に滞在又は乗換えをした者は症状の有無にかかわらず、地区を管轄する保健当局の予防局に対しイタリアに入国したことを速やかに通報する義務があります。

また、入国後に症状を発症した場合には、保健当局に対しその旨を速やかに通報する義務があります。

7月上旬にはローマ/東京直行便が復活

イタリアのアリタリア航空は7月9日にローマ/東京便、7月11日に東京/ローマ便を復活させます。

このことに対して、在日イタリア大使のジョルジョ・スタラーチェ氏は「イタリアとヨーロッパ各国の人々に対して、日本への入国基準(入国時の隔離義務)を見直すことを強く期待する」と述べています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる