企業のマーケティングDXを支援する会社、アライドアーキテクツ株式会社は、中国で人気のSNS「小紅書(RED、以下RED)」の利用実態を調べるアンケートを実施しました。

同社が独自に構築する、日本最大級の在日中国人KOCコミュニティ「BoJapan(ボージャパン)」のメンバー467名より、REDの利用目的や影響に対しての回答が得られました。(KOCとは、口コミを発信する消費者のことで、ありのままの発信が信頼性を生み、他の消費者に影響を与えるとされています。)

調査結果から、REDの利用目的は、主に商品の情報を検索・収集するためであること、商品購入の検討段階では、各SNSのなかでREDが最も参考にされていることなどがわかりました。

目次

  1. RED利用実態を調査、ユーザーの商品購入へ大きく貢献

RED利用実態を調査、ユーザーの商品購入へ大きく貢献

REDは、ライフスタイル・美容・ファッション・旅行などについての情報を共有する、中国で人気のSNSです。

アプリ内にEコマース機能を兼ね備えており、口コミ検索から購買までシームレスに行なうことができるという特徴があります。日本の企業もREDに出店しており、インバウンドマーケティングへと活用しています。

今回のアンケートでは、アプリユーザーの利用目的やREDによる影響などの実態が明らかになりました。

REDの利用目的は「商品の情報を検索・収集するため」

初めに、REDの利用目的についての質問では、「話題の商品やトレンド情報を入手するため」が約93%と最も多いことがわかりました。

次いで、「商品の効果効能など口コミ内容を参考にするため」「新商品の情報を入手するため」が約80%となっています。このことから、REDは商品に関するあらゆる情報を検索、収集するために利用されていることがわかります。

また、「REDで人気のあるタレント、インフルエンサーなどの日常を知るため」という回答が約50%寄せられていることから、KOL(Key Opinion Leader)の認知度や影響力についてもうかがえます。

「REDをきっかけに商品を購入、実店舗に行く」人は97% アライドアーキテクツがREDの利用実態を調査
(画像=▲REDの利用目的についての調査結果:アライドアーキテクツ株式会社プレスリリースより、アライドアーキテクツ株式会社プレスリリース、『訪日ラボ』より引用)

KOLについては、訪日ラボの別の記事で詳しく解説しています。

商品購入の検討で最も参考にするには「RED」

次に、商品の購入を検討する際に参考にするSNSについて調査されています。

参考にするSNSとしては、REDが約89%と2位以下を25%以上引き離して最も高くなりました。2位にはWeChat(61.6%)、3位にはWeibo(57.3%)が続いていますが、REDの投稿を商品購入時に参考にしている方が突出して多い結果となっています。

口コミ投稿サイトとしての機能とECサイト機能の両方を兼ね備えており、検討段階から購入までスムーズにたどり着けることが有利に働いているのかもしれません。

「REDをきっかけに商品を購入、実店舗に行く」人は97% アライドアーキテクツがREDの利用実態を調査
(画像=▲商品購入の検討フェーズで参考にするSNSについての調査結果:アライドアーキテクツ株式会社プレスリリースより、アライドアーキテクツ株式会社プレスリリース、『訪日ラボ』より引用)

REDをきっかけに商品購入や実店舗へ行ったことがある人は97%超え

また、REDの口コミは商品購入や実店舗の集客にも効果的であることが判明しました。

REDの口コミを参考にして商品を購入したり店舗に行ったことがありますか」という質問に対し、「はい」と答えた人の割合は97%を超えており、REDは購買意欲促進に大きく貢献すると考えられます。

REDから収集した情報が、ユーザーの購買行動に影響を与えていることがわかります。

「REDをきっかけに商品を購入、実店舗に行く」人は97% アライドアーキテクツがREDの利用実態を調査
(画像=▲REDの口コミを参考にして商品購入や店舗へ行ったことがあるかについての調査結果:アライドアーキテクツ株式会社プレスリリースより、アライドアーキテクツ株式会社プレスリリース、『訪日ラボ』より引用)

KOCからの発信が商品購入や店舗来店の後押しになる

最後に紹介するのは、商品購入や店舗へ行くきっかけとして参考になった情報についてです。

どんなREDで得た情報をきっかけ商品を購入したり店舗へ行くのか聞いたところ、「友人やフォローしている一般(KOC)の方の口コミ投稿」が約76%で第1位となりました。

「インフルエンサー(KOL)の投稿」も約57%と過半数を占めていますが、「身近で信頼できる友人や一般の方の口コミ」の方がより高い結果となっており、商品購入や店舗へ行く後押しとしてKOCからの発信が非常に効果的であることがわかります。

なお、「各ブランドの公式アカウントの投稿」や「各ブランドの公式アカウントのキャンペーン」という回答も35%前後集まっています。公式アカウントを解説してREDユーザーに直接的に訴求する方法も効果があるのではないでしょうか。

「REDをきっかけに商品を購入、実店舗に行く」人は97% アライドアーキテクツがREDの利用実態を調査
(画像=▲商品購入や店舗へ行くきっかけとして参考になった具体的な情報についての調査結果:アライドアーキテクツ株式会社プレスリリースより、アライドアーキテクツ株式会社プレスリリース、『訪日ラボ』より引用)


文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる