イギリスの定期刊行物「エコノミスト」の調査部門である、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が「世界で最も住みやすい都市」ランキングを6月9日に発表しました。

新型コロナウイルスのパンデミックを封じ込めるために、厳しい措置を取れたかという点が、ランキングに大きく影響したようです。

目次

  1. EIUによる「世界で最も住みやすい都市」ランキング
    1. 欧州はコロナの影響で低迷

EIUによる「世界で最も住みやすい都市」ランキング

このランキングでは「安定性」、「文化・環境」、「医療」、「インフラ」、「教育」の5項目の調査データをもとに、エコノミスト誌から公表されています。

2021年度は、ニュージーランドのオークランドが1位となり、2位に大阪、3位にオーストラリアのアデレード、4位にニュージーランドのウェリントン、5位に東京と、アジア地域が上位5か国を独占しました。

また、アジア地域はほかにパース、メルボルン、ブリスベンがランクインしており、上位10か国中8か国を占めています。

ニュージーランドの2都市が上位5都市にランクインした理由に、新型コロナウイルスの大流行に対し厳格なロックダウンを講じ、102日間市中感染がゼロだったことなどが考えられます。

またアメリカのホノルルは、新型コロナウイルスの流行の抑制と予防接種プログラムへの迅速な対応が評価され、46位から14位へ順位を上げました。

欧州はコロナの影響で低迷

ヨーロッパはコロナ禍によって大きな打撃を受け、2018年から2年連続でトップだったオーストリアのウィーンは12位に下落、ドイツのハンブルクは昨年から34位下げて47位となりました。

欧州の下落要因に、病床のひっ迫による「医療スコアの低下」が挙げられています。

地域別では上位8都市を占めるアジアより、ヨーロッパ・北米が5項目全てでポイントを上回りました。

世界で最も住みやすい都市ランキングは以下の通りです。

  1. オークランド/ニュージーランド
  2. 大阪/日本
  3. アデレード/オーストラリア
  4. ウェリントン/ニュージーランド
  5. 東京/日本
  6. パース/オーストラリア
  7. チューリッヒ/スイス
  8. ジュネーブ/スイス
  9. メルボルン/オーストラリア
  10. ブリスベン/オーストラリア

地域ランキングは以下の通りです。

  1. 北アメリカ
  2. 西ヨーロッパ
  3. 東ヨーロッパ
  4. アジア
  5. ラテンアメリカ(中南米)
  6. 中東・北アフリカ
  7. サブサハラアフリカ

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる