タイは、7月1日から一部で海外観光客を受け入れることを発表しています。プラユット首相は、これに続いて、2021年10月までには受け入れを全土で行いたいと示しました。ワクチン接種が完了している人を対象に、隔離なしの入国を許可するということです。

タイは世界的にも観光大国とされており、新型コロナウイルス感染症の影響で経済は大きく打撃を受けています。海外からの観光客受け入れを再開させることで、観光業と国の経済全体を回復させたい考えです。

目次

  1. タイ、「120日以内」に全土での海外旅行者受け入れ再開を目指す
    1. 10月までに全国で観光客受け入れ再開へ、7月からは一部で解禁

タイ、「120日以内」に全土での海外旅行者受け入れ再開を目指す

タイのプラユット首相は、16日の行われたテレビ演説で「120日以内に国を完全に開くことを目標にする」と述べました。コロナ禍によって国の経済が打撃を受けたことから、首相は早期に海外からの観光客受け入れを再開したい考えです。

10月までに全国で観光客受け入れ再開へ、7月からは一部で解禁

6月16日、タイのプラユット・チャンオチャ首相はTV演説を行い、10月中旬までに入国制限を大幅に緩和する方針を示しました。

世界的な観光大国であるタイは、コロナ禍で海外旅行者が激減したことにより、2020年の観光収入が約3,320億バーツ(約1兆1,400億円)と2019年の約1兆9,300億バーツ(約6兆6,500億円)から83%減少するなど大きく打撃を受けていました。

このような中で、タイ国内の経済を救うため、プラユット首相はワクチン接種を完了した人を対象に外国人の隔離なしの入国を全面的に受け入れる考えを明らかにしました。

タイでは1日の新規感染者数が2,000人にのぼり、ワクチン不足も叫ばれるなど感染状況は未だ厳しい中にありますが、首相は国境を開くという選択肢について「経済的ニーズを考慮して、リスクを受け入れる時だ」と述べたということです。

同時に、タイ国民にはできるだけできるだけ早くワクチンを接種することを促すとしています。

なお、タイは、全国的な観光客受け入れに先んじて、7月からプーケットで受け入れを再開することを発表しています。

7月から行われる「プーケットサンドボックス」では、ワクチン接種を終えた観光客は、タイに入国した後最初の7日間をプーケットで過ごし、その後国内の各地域を自由に旅行できるようになります。プーケットでは隔離が求められないため、最初の7日間もプーケットで観光を楽しめるというものです。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる