行動制限が緩和されて初めてのクルーズ船が、イタリア・ベネチアの港から2021年6月5日出港しました。出港したのは「MSCオーケストラ」9万2,000トンで、クロアチアとギリシャへ向かいました。

しかし観光業が再開され大勢の観光客が再びベネチアを訪れることに反対する人々が、ボートに乗ってクルーズ船の周りから抗議の声をあげました。

観光業がもたらす負の影響は徐々に明らかになっており、住民の歓迎ムードづくりや観光客が「責任ある観光」ができるのかどうかが、コロナ禍後の観光業復活においての焦点となるでしょう。

目次

  1. イタリアでオーバーツーリズム、早くも懸念
    1. ハワイでも観光客減少で水質改善、レスポンシブルツーリズム推進へ
    2. 日本でも観光客受け入れ再開に向けて対策を

イタリアでオーバーツーリズム、早くも懸念

イタリアでは5月16日から日本人に対してもワクチン接種ずみであれば隔離なしでの渡航を再開させるなど、観光業復活に向けて早くも動き出しています。

一方で、迎え入れる住民側からは懸念の声も上がっています。

オーバーツーリズムの観点から大勢の観光客が再びベネチアを訪れることに反対する人々が、クルーズ船出航の際にボートに乗ってクルーズ船の周りから抗議の声をあげました。

また港でも「大きな船はいらない」などと書かれた旗を掲げる大勢の人々が集まりました。

一方、港湾局やそこで働く労働者、市当局はクルーズ船出港をビジネス再開の象徴として歓迎しています。

Statistaの調査によると、イタリアにおいて観光業が占めるGDPの割合は13.1%であり、経済復興のためにも観光業復活はかかせません。

まずは住民に、観光客を受け入れる雰囲気を醸成させることが重要だと考えられます。

ハワイでも観光客減少で水質改善、レスポンシブルツーリズム推進へ

一方観光業復活に向けて、観光客側にも観光地への配慮が一層求められることが予想されます。

ハワイでは、レスポンシブル・ツーリズムの一環として、観光客が観光地で環境へ配慮することを求めています。

スノーケリングの人気スポットとして知られるハワイ・ホノルルの中心部から車で30分のハナウマ湾では、感染対策のため2020年はおよそ9か月間入場が禁止されていました。

その結果、水質が60%改善され、大きな魚が湾に入ってくるようになりました。

この水質を保つため、ホノルル市は入場を予約制にして人数を制限し、入場できる時間も10分ごとに細かく管理するようになりました。

また来場者は海岸に行く前に、環境保全のために守るべきルールの説明を受けなければいけなくなりました。

日本でも観光客受け入れ再開に向けて対策を

この記事ではイタリアの観光再開に際するオーバーツーリズム問題、またハワイの観光公害への対処法を紹介しました。

日本でもこれらの問題は他山の石ではありません。京都ではコロナ禍前、オーバーツーリズムがしばしば問題となっており、また白川郷でも、ゴミのポイ捨てや景観破壊が問題視されていました。

さらに東京五輪が開幕まで約1か月半となりましたが、外国人選手を受け入れることに対する世論は残念ながら歓迎ムードではありません。

観光業には住民も含めた観光客を受け入れる機運の醸成、そして観光客側へレスポンシブル・ツーリズムの観点から配慮を求めていくことになるでしょう。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる