株式会社USENは、商業施設や宿泊施設、公共施設および自治体向けに多言語アナウンスアプリ『USEN おもてなしキャスト』の提供を2021年6月9日に開始しました。

本サービスに標準搭載されている防災関連の英語、中国語、韓国語アナウンスが、今年3月にリリースされた【災害等の非常時における「伝わる表現」用語集(観光庁)】の翻訳内容に対応しており、国内初の試みです。

目次

  1. 防災センターや避難訓練で使える多言語アナウンス集作成
  2. 外国人の命を守るための取り組み、積極的に導入を

防災センターや避難訓練で使える多言語アナウンス集作成

観光庁は、2021年3月30日に災害等の非常時において、予備知識のない外国人旅行者でも取るべき行動を分かりやすい表現で翻訳した「伝わる表現」の用語集を作成しました。

また、自治体・観光関連事業者向けに「非常時における訪日外国人旅行者対応マニュアル作成のための指針」を作成しました。

この表現を利用し、USENは火災・地震・津波・停電・コロナ対策などのアナウンス集が標準搭載された、月額定額制のiPad向け多言語アナウンスアプリ「USENおもてなしキャスト」を発表しました。

このアプリではアナウンスのカスタマイズや言語選択も可能で、またオリジナルのアナウンスを追加できます。

災害時などインターネット環境が無い場合でも、多言語アナウンスを再生することが可能であり、インバウンドを含めた日本語が理解しにくい人々に適切に非難行動を促せると考えられます。

災害時に外国人にも「伝わる表現」、アナウンスに搭載へ|インターネット接続なくても再生可能
▲USENおもてなしキャスト(防災)イメージ:プレスリリース(画像=『訪日ラボ』より引用)

外国人の命を守るための取り組み、積極的に導入を

災害時に外国人に対して安全を守る取り組みが進んでいないことは、長年の課題でした。

ただし災害時において、言葉が通じにくい外国人を含めたすべての人々の安全を確保することは企業、自治体の責務であると考えられます。

観光庁の外客安全対策室温品室長は、USENの取り組みに対し次のように述べました。

「『伝わる表現』用語集は、外国人を含む不特定多数の方が利用される場所で基準となる翻訳事例集です。

訪日外国人観光客が戻る前に全国の自治体や公共交通機関、観光施設や商業施設などの過去の翻訳内容を見直すきっかけとなることを期待しています。

また、観光庁では多くの民間事業者のサービスで採用されるよう協力して参ります。」

このように、観光庁が策定した用語集を企業、民間問わず積極的に活用し、またそのためのツールを導入することが求められると考えられます。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる