米ユナイテッド航空は2021年6月3日、現在の旅客機の2倍の速度で飛べる超音速旅客機を購入すると発表しました。

米企業が開発中で、2029年までの商業運航を目指しています。

目次

  1. ユナイテッド航空、超音速飛行機購入へ
    1. 環境に配慮した燃料使用

ユナイテッド航空、超音速飛行機購入へ

ユナイテッド航空の発表によると、安全性などの基準を満たせば、米ブーム・スーパーソニックから超音速旅客機「オーバーチュア」15機を購入する予定です。

2026年に飛行実験が始まった後、順調に進めば2029年に乗客を運ぶ予定です。

オーバーチュアは、マッハ1・7(時速約2080キロ)で飛び、現在最速の旅客機の約2倍の速度になります。

移動にかかる時間は現状の半分近くに短縮され、例えば11時間ほどかかる米サンフランシスコから東京が6時間で移動できるようになる予定です。

またコロナ禍の現状を踏まえ、非接触技術などの機能も備えられる予定です。

環境に配慮した燃料使用

この旅客機は、100%持続可能な航空燃料で稼働する予定で、環境への配慮もなされています。

超音速旅客機としては、1970年代にマッハ2で飛べるコンコルドが1970年代に商業運航を始めましたが、騒音や燃費の悪さ、料金の高さなどが問題になっていました。

持続可能な燃料を利用することで、将来長きにわたって利用できる飛行機になると考えられます。

移動時間短縮、さらに持続可能性にも配慮した飛行機が導入されることで、アメリカ人が日本を訪れやすくなることが期待されます。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる