ユニクロの新店舗が6月4日、浅草にオープンしました。

地元の企業とコラボした店内演出や「江戸文字」を使った看板などを掲示し、浅草らしい店舗づくりが意識されています。

目次

  1. ユニクロ浅草店、地域とコラボした演出を行う
    1. 店舗外でも地元企業とのコラボ

ユニクロ浅草店、地域とコラボした演出を行う

2021年6月4日、ユニクロ浅草店がオープンしました。コンセプトは「Our Neighborhood!」で、その名の通り浅草とコラボした演出がなされています。

店舗内装、外装にもコンセプトが前面に押し出されています。

入り口にはロゴを描いた巨大ちょうちんが設置され、店舗を象徴するキービジュアルは、浅草の街を連想させる「千社札」がモチーフです。

また、オリジナルTシャツやトートバッグをその場で作れる「UTme!」のコーナーでは、地元の老舗ブランドや浅草を中心に活動するアーティストとコラボレーションした同店限定のスタンプが用意されています。

UTme!第1弾として、地元アーティストに加え、地元の飲食店で構成する「浅草うまいもの会」や人力車企業、幻の日本酒を扱う「まるごとにっぽん」とのコラボレーションを実施しています。

その他にも、雷門の提灯が描かれたオリジナル豆皿が販売されるほか、6月6日までオリジナル湯呑みのプレゼントを実施しています。

「ユニクロ浅草」オープン 地元企業と協力し「浅草らしさ」前面
(画像=▲ユニクロ浅草店で販売される豆皿|プレスリリース、『訪日ラボ』より引用)

店舗外でも地元企業とのコラボ

また、店舗外でも地元企業とのコラボレーションを実施しています。

浅草で人力車を運営する「時代屋」および「東京力車」とコラボレーションし、ユニクロ浅草の文字が書かれた法被を着た車夫が案内に携わっています。

さらに店舗近隣の飲食店では、「ユニクロ浅草」の文字が入ったコースターの配布、スタッフの「ユニクロ浅草」Tシャツ着用などが行われています。

このように浅草らしさを前面に押し出し、また地元企業と協力したプロモーションを行うことで、外国との往来が再開された際には「浅草らしさ」が珍しいと感じるインバウンド客の獲得も見込まれると考えられます。

「ユニクロ浅草」オープン 地元企業と協力し「浅草らしさ」前面
(画像=▲人力車の車夫が着用する「ユニクロ浅草」法被|プレスリリース、『訪日ラボ』より引用)

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる