新型コロナウイルス流行以降、自宅やカフェで作業するテレワークが一般的となったが、このたび「雀荘」で仕事ができると聞き、タンヤオをこよなく愛する記者は東京・新橋に飛んだ。

■お目当ては「ベルバード」

前代未聞の「雀荘」でテレワーク 挑戦した記者は仕事に集中できたのか?
(画像=『しらべぇ』より引用)

東京・新橋にあるノーレート雀荘「ベルバード」は、コロナ流行直前の2020年2月に、千葉・野田から移転する形でオープン。ニックネームでの呼び合いや、初心者マークの貸出、点数計算のフォローなど、対面しての「実戦」初心者を手厚くバックアップし、麻雀ファン拡大に一役買っている人気店だ。

店に一回くればその温かいコミュニティに入ることができ、店内には若者から中年、さらには女性雀士も多く、卓上は完全禁煙。これまでの雀荘のイメージと違い、明るく、安心を謳っており、常に打ち手がニッコニコで対局できる雀荘になっている。またプロを呼んでのオフ会や、勉強会なども随時開催しており、全国からファンが訪れる。

■増床で映える個室や「麻雀バー」が…

前代未聞の「雀荘」でテレワーク 挑戦した記者は仕事に集中できたのか?
(画像=『しらべぇ』より引用)

(写真提供:ベルバード)

オープン以降、ファンを集め続け、今年5月にはビルの3階に新たなフロアを増設。

さらに7月には近隣にもう1フロア拡大させる。その3階フロアにはこれまで雀荘になかった、内装や什器にこだわった「映える個室」の他、バーカウンターも登場。

前代未聞の「雀荘」でテレワーク 挑戦した記者は仕事に集中できたのか?
(画像=『しらべぇ』より引用)

打ち終わった常連たちが麻雀談義に花を咲かせる場所になっているが、緊急事態宣言下、いまここは仕事ができる「コワーキングスペース」として貸出を行っているというのだ。コロナでもへこたれない攻めの姿勢が出ている。