アメリカ大手クレジットカード会社アメリカン・エキスプレスおよびアメリカン・エキスプレス・グローバル・ビジネス・トラベルが2021年5月20日、出張に関しての調査を発表しました。

調査によると、出張決定を行う人々のうち83%が、ビジネス旅行は今後2年間で以前のレベルに戻ると回答しました。

目次

  1. 出張に関しての調査公表、出張の重要性再認識
    1. 「出張は今後2年間で以前のレベルに戻る」との回答が83%に
    2. 会議は対面希望が82%

出張に関しての調査公表、出張の重要性再認識

アメリカン・エキスプレスおよびアメリカン・エキスプレス・グローバル・ビジネス・トラベル(GBT)は、2020年3月までに少なくとも年に4回出張を行っていたアメリカの会社員1,032人にアンケート調査を実施しました。

調査によると、多くのビジネスマンが出張によるイベントや会議は人間関係の構築、充実度や生産性の向上、パフォーマンスの改善などで重要であると考えていることが分かりました。

「出張は今後2年間で以前のレベルに戻る」との回答が83%に

調査によると、会社員の86%が安全になれば再び出張を再開すると回答しました。

また出張決定を行う人々のうち83%が、出張は今後2年間で以前のレベルに戻ると回答しました。

さらに将来の出張については、出張の決定を行う人々69%がリモートワークの増加によって将来の出張が増えると答えました。

これには出張が事業の収益性を高め、仕事のパフォーマンスを向上させる役割を果たしているからだと考えられます。

調査内でも出張決定を行う人々の90%がビジネス旅行は事業の収益性を高めると回答しました。

また会社員への調査では、「出張が仕事のパフォーマンスを向上させる」と回答した人が82%、「出張は仕事の充実度を高める」と回答した人が83%に及びました。

加えて、出張決定を行う人々の87%が出張は従業員の仕事への取り組みを活性化させると回答しました。その理由として、出張は優秀な人材の獲得(84%)や維持(83%)のために重要であるという回答が見られました。

「ビデオ会議より対面」希望するビジネスパーソン82% アメリカン・エキスプレス調査
(画像=▲出張がビジネスの成長を後押し|アメリカン・エキスプレスプレスリリース、『訪日ラボ』より引用)

会議は対面希望が82%

また、ビデオ会議よりも対面で会議を行うことを希望する人がかなり多いことも調査から明らかになりました。

調査結果では会社員の82%が、対面式の会議の利点がバーチャル会議の利便性を上回ると述べています。

また79%の会社員が、ビデオ会議よりも対面でのブレインストーミングを好み、営業活動についても78%の会社員がビデオ会議よりも対面販売を好みます。

要因として、ビデオ会議では関係構築が難しいと考えられていることがあげられます。

調査結果では、会社員の60%の人々が、他者との貴重なビジネス関係を構築することがこの1年でより困難になったと考えています。

また新規顧客開拓の課題として、会社員の52%がリアルタイムの反応の評価ができないこと、潜在顧客との非公式なやり取りの欠如などをあげました。

「ビデオ会議より対面」希望するビジネスパーソン82% アメリカン・エキスプレス調査
(画像=▲会議を対面で行うことの重要性について:アメリカンエキスプレスプレスリリース、『訪日ラボ』より引用)

以上の結果から、アメリカでは会社員の多くが出張について生産性の向上、オンラインでは築き上げにくい関係性を築き上げられるという点で評価していることが分かります。 こうした意識の変化を受け、ブレジャーやワーケーションといった文脈での商品造成が進む可能性も考えられます。

<参照> アメリカンエキスプレス

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる