中国動画配信大手、Bilibili(ビリビリ)の2021年第1四半期の総売上高が、前年同期比68%増の39億元(約660億円)に達しました。

また同社の財務報告書によると、同四半期の月間アクティブユーザー(MAU)は30%増の2億2,300万人、モバイル端末利用のMAUは33%増の2億900万人に達したと明らかにしました。

目次

  1. Bilibili、堅調な伸びをみせる
    1. 各事業部別の売上:広告事業は前年同期比243%増

Bilibili、堅調な伸びをみせる

Bilibiliは5月13日に2021年第1四半期の結果を公表しました。同社によると、同四半期の総売上高が前年同期比68%増だったほか、1カ月当たりの平均課金ユーザー数は2,050万人で、全体の9.2%に上ることが明らかになりました。

また今回発表した財務報告書の中で、同社は第2四半期の売上高は42億5,000万元(約720億円)から43億5,000万元(約740億円)の間になるとの見通しを示しています。

各事業部別の売上:広告事業は前年同期比243%増

ここから、Bilibiliの各事業部別の売上についてみていきます。

広告事業は8四半期連続で成長し、2021年第1四半期の売上高は前年同期比234%増の7億元(約120億円)となりました。同四半期の広告主を業種別に見ると、上位5位にはゲーム、デジタル家電、食品・飲料、EC、化粧品となりました。

ゲーム事業では第1四半期の売上高が前年同期比2%増の12億元(約200億円)となりました。4月末にリリースした独占代理権を保有する「Guardian Tales」の中国版「坎特伯雷公主与騎士喚醒冠軍之剣的奇幻冒険」は、リリース直後にiOS対応ゲームのダウンロードランキングとベストセラーランキングで10位以内に入りました。

付加価値サービス事業では、第1四半期の売上高が前年同期比89%増と大幅に伸び、15億元(約250億円)に達しています。

同社はライブ配信事業の中でも特にゲームやエンターテイメント関連のコンテンツを強化し続けており、人気ゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends、英雄聯盟)」については世界大会決勝戦を除くシーズン中の公式大会の放映権を保有しています。

ECおよびその他の事業の収入も前年同期比230%増と大きく伸び、5億元(約85億円)に達しました。

このようにBilibiliではすべての事業で前年同期比よりも成長しており、今後の成長が期待されます。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる