新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、テレワークやオンライン会議が拡大しています。

これを受け九州旅客鉄道株式会社(以下:JR九州)が、新幹線の中でのリモートワークを推奨する特別車両を設けることを発表しました。

該当車両では、無料でWi-Fiを利用でき、通話も可能とされています。利用に際しては、特別に追加料金を支払う必要はなく、誰でも利用できます。

目次

  1. JR九州が新幹線内でのリモートワークを推奨
    1. 期間限定で特別車両を設置、特別な利用料はなし

JR九州が新幹線内でのリモートワークを推奨

JR九州は、2020年6月、新幹線の中で仕事が可能になる「シェアオフィス新幹線」を期間限定で運行します。通常「お控えください」と呼びかけられる社内通話も、該当の車両内では周りの目を気にせず快適に行えます。

期間限定で特別車両を設置、特別な利用料はなし

5月25日、JR九州は、「シェアオフィス新幹線」と称して、新幹線にリモートワークを推奨する車両を設置すると発表しました。

これは期間限定の取り組みとなっており、2021年6月14日から30日までの間、平日のみ実施されるとのことです。

対象列車は、上り線では「さくら402号」(鹿児島中央駅12時00分発・博多駅13時37分着)、下り線は「さくら402号」(博多駅16時24分発・鹿児島中央駅17時59分着)が設定されています。

それぞれの列車の6号車が一両まるごと「リモートワーク推奨車両」とされ、合計18人が利用できます(利用可能座席は窓際のみ)。対象列車の乗車券と指定席特急券を購入すればだれでも利用可能で、追加料金の支払いなどはありません。

なお、該当車両には座席の指定制度がないため、注意が必要です。

「新幹線をオフィスに」JR九州、期間限定で新幹線にリモートワーク推奨車両設置、通話もOK
(画像=▲「シェアオフィス新幹線」の利用可能座席:JR九州プレスリリースより、『訪日ラボ』より引用)

引用元:JR九州プレスリリース

JR九州は、「車内でのリモートワークをより快適にするため」として各企業とも連携を図っています。

株式会社NTTドコモとの連携によって、乗客は無料でWi-Fiルーターを利用でき、電子雑誌読み放題サービス「dマガジン for Biz」も楽しめます。

また、ライオン株式会社とも連携しており、車両利用客に除菌シートを配るとしています。

「新幹線をオフィスに」JR九州、期間限定で新幹線にリモートワーク推奨車両設置、通話もOK
(画像=▲「シェアオフィス新幹線」の利用イメージ:JR九州プレスリリースより、『訪日ラボ』より引用)

引用元:JR九州プレスリリース

感染拡大が続く中、JR九州は新幹線の車内で安心かつ快適に仕事ができる環境づくりに注力しているといえます。

「ワ―ケーション」とはまた一味違う「新幹線での移動中にリモートワーク」という新しい取り組みに注目です。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる