アメリカはワクチン普及のために、まさに「あの手この手」を繰り出しています。

ユナイテッド航空は、新型コロナウイルス感染症のワクチンを接種した人を対象として、世界中への往復航空券を無料で提供するキャンペーンを実施します。

各国がワクチン接種を進める中で、米国民の接種をより加速させていくための取り組みです。

目次

  1. 米国のワクチン接種奨励へ、ユナイテッド航空が無料の航空券を提供
    1. 大賞は無料のペア航空券1年分、海外旅行再開に期待

米国のワクチン接種奨励へ、ユナイテッド航空が無料の航空券を提供

ユナイテッド航空は、「Your Shot to Fly」と題して、ワクチン接種者に海外旅行または往復航空券が無料になる懸賞を実施することを発表しました。

大賞は無料のペア航空券1年分、海外旅行再開に期待

世界各国では、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が進んでおり、最近では国民の接種を促すための取り組みも見られるようになってきました。

アメリカのユナイテッド航空は、国民のワクチン接種奨励のため、抽選で1年間分の世界各国への旅行券を5組に、往復の航空券を30組に無料で提供すると発表しました。ユナイテッド航空のマイレージプラス会員で、新型コロナウイルス感染症のワクチンを接種している18歳以上の人が対象になります。

ワクチン接種で世界中への往復航空券を獲得できるチャンス 米ユナイテッド航空が懸賞を実施
(画像=▲米ユナイテッド航空公式サイト、『訪日ラボ』より引用)

なお、アメリカ国民のワクチン接種を進めることを目的とした企画であるため、アメリカ在住であることが条件になります。

キャンペーンに参加を希望する場合、対象となるマイレージプラス会員は、6月22日までに、アプリやウェブサイトを経由して自身のワクチンの接種記録をアップロードすることで、抽選の申し込みが完了します。なお、申し込みは5月24日より開始しています。

まずは、6月中に往復航空券が当たった30名が発表されます。当選者は、ユナイテッドが運航する世界各地への2名分の航空券を獲得できるとのことです。

次に、7月1日には、大賞である1年間の無料旅行券の獲得当選者が発表されます。大賞が当たった場合は、同伴者1名と共に世界のどこにでも行ける1年分の往復航空券を手にすることができます。

ユナイテッド航空のスコット・カービーCEOは、「ワクチン普及のための理由を提供できることを楽しみにしている」とコメントしています。

コロナ禍によって海外渡航が長らく禁止、制限されてきたことを考えると、今回のキャンペーンには大きな注目が集まるといえるでしょう。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる