コロナ禍でホテルの需要が低迷する中、政府が設置した大規模接種センターの周辺などでは、ワクチンの接種を受ける高齢者向けの宿泊プランを打ち出す動きが相次いでいます。

また、旅行会社がワクチン受付業務を受託したり、民間バス会社が接種会場までの輸送を担うなど観光業を支える動きもでています。

目次

  1. 高齢者の大規模接種前、ホテルで体調管理
    1. バス会社も接種会場までの輸送を支える

高齢者の大規模接種前、ホテルで体調管理

東京都大手町と大阪府北区に設置された政府の大規模接種センターでは、2021年5月24日からワクチンの接種が始まり、周辺のホテルでは、接種を受ける高齢者や付き添いの人向けのプランを打ち出しています。

三井不動産ホテルマネジメントは、北海道、千葉、東京、愛知、大阪、熊本にある全国各地24のホテルで「ワクチン接種施設ご利用者サポート!日帰り&宿泊プラン」を始めました。

接種者本人および付き添い人が対象となり、日帰りプランと宿泊プランの二種類が設けられています。

また「阪急阪神ホテルズ」は、「ワクチン大規模接種センターご利用者応援プラン」を売り出しています。

大阪や東京などにある4つのホテルで、会場へのアクセスが良いことなどをアピールし販売しています。

接種者本人と付き添い者が対象となり、チェックインの際にワクチン接種券を提示すれば、割安で泊まれるプランです。

バス会社も接種会場までの輸送を支える

高齢者への大規模接種開始を受けて、バス会社でも新たな収入源が生まれています。

全国各地で自治体が集団接種の会場へスムーズに移動してもらおうと、民間のバスを借り上げて直行便に利用する動きが広がっているからです。

大阪府では大阪市、富田林市、奈良県明日香村、滋賀県草津市でワクチン接種会場への直行バスを運行しています。

接種の利便性を高めるために実施されたこの取り組みですが、コロナ禍で経営が圧迫されているバス会社にとって事業委託が新たな収入源となっています。

さらに、バスを接種会場として提供する動きも出ています。

厳しい経営環境が続くホテル各社、またバス会社はワクチンの接種に伴う外出と結び付けたプランで収益の底上げを図るとともに、感染収束後の利用にもつなげる考えです。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる