欧州連合(以下:EU)は、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種状況や検査結果についてをデジタルで証明する「EU Digital COVID Certificate」の枠組みに最終合意しました。7月1日からの運用開始を予定しているとのことです。

EUは、この証明書の目的を「パンデミック下でも安全で自由な移動を促進すること」としており、EUの観光回復に向けた取り組みだと言えます。

目次

  1. EUの観光再開に向けてデジタル健康証明書導入
    1. デジタル健康証明書を全会一致で採択、夏からの観光再開へ期待
    2. デジタル健康証明書について

EUの観光再開に向けてデジタル健康証明書導入

ワクチン接種が進む中、EUは、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種状況や検査結果を管理するデジタル健康証明書を域内で運用していくことを発表しました。

2021年7月1日から運用を予定しており、夏には観光が回復していくと期待されます。

デジタル健康証明書を全会一致で採択、夏からの観光再開へ期待

5月21日、EUは、域内全体で使える健康証明書、「EU Digital COVID Certificate」を導入することに最終合意したと発表しました。全会一致で採択されたとのことです。

証明書は、7月1日にも運用予定であるとのことで、夏の観光シーズンにはEU域内での自由な往来、観光が再開される見込みです。発表資料では、「safer holidays=(安心な休暇)」が述べられており、EUが観光回復に期待していることが窺えます。

EUウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長は、自身のTwitterで採択を祝福し、EU内の観光には重要な要素だと述べています。

EU、夏の観光再開に最終合意 7月1日からデジタル健康証明書の制度を導入
(画像=EUの「EU Digital COVID Certificate」導入を賞賛している投稿:ウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長のTwitterより編集部スクリーンショット、『訪日ラボ』より引用)

また、ポルトガルのアントニオ・コスタ首相も、証明書の導入を「パンデミック下において、より正常で、より自由で、より安全な生活に向けた重要なステップ」としたうえで、「この夏から、すべてのヨーロッパ人の自由な移動が容易になる」とコメントしています。

デジタル健康証明書について

「EU Digital COVID Certificate」とは、新型コロナウイルス感染症の感染状況をデジタルで管理するものです。これまでは「デジタルグリーンパス」と呼ばれていました。

デジタル版と同時に紙の証明書も発行され、そのどちらにもQRコードが記載されます。PCR検査または迅速抗原検出キットによる陰性結果、ワクチン接種状況、感染後の回復状況などの情報が含まれ、コードの提示で各々の状況を証明できるようになります。

証明書は、各国の公用語と英語に対応しており、すべての欧州市民が無料で利用できます。

EUは、旅行者が証明書を持っている場合、検疫や検査を課すかについては各加盟国の政府次第であるとしながらも、公衆衛生上のリスクが高まった場合を除き、原則控えるべきとの姿勢を示しています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる