Amazonは4月20日、ロンドンで美容室をオープンしました。ARでヘアカラーを試せるなど、最新テクノロジーを駆使した店舗となっています。

ECプラットフォームで知られるAmazonが、実店舗をオープンしたという意外性に注目が集まっているようです。

目次

  1. Amazon、ロンドンで美容室を開業

Amazon、ロンドンで美容室を開業

Amazonは2021年4月20日、ロンドンにあるAmazon UKのヘッドオフィスの近くに、ヘアサロンを開業したことを発表しました。

現時点ではAmazonの従業員のみが利用できますが、今後は一般にもサービスを提供することを見すえています。

このサロンでは、AR(拡張現実)を活用したヘアカラーをシミュレートするテクノロジーが使われています。どのヘアカラーでどのような仕上がりになるのか、施術前に確認できます。

Amazonが美容室を開業、ARでヘアカラーを試せるなど最新テクノロジーを駆使
(画像=▲ARでヘアカラーを試せるサービス:Amazon公式サイトより、『口コミラボ』より引用)

また、店内で気に入った商品があれば、スマートフォンでQRコードをスキャンし、Amazonの商品を購入するページを閲覧できます。

その場で商品を購入でき、自宅に郵送できるため、商品を家まで持ち帰るストレスを減らし、顧客の消費行動をよりスムーズにするねらいです。

Amazonが美容室を開業、ARでヘアカラーを試せるなど最新テクノロジーを駆使
(画像=▲店内で気に入った商品があれば、スマートフォンでQRコードをスキャンし、Amazonの商品購入ページを閲覧できる:Amazon公式サイトより、『口コミラボ』より引用)

なおAmazonは美容院を何店舗も始めるつもりはなく、顧客の声をあつめるための実験として、そしてAmazonの新しいテクノロジーや製品を紹介する目的で店舗を開業したのだといいます。

また、同社は4月21日に、アメリカのスーパーのWhole Foodsの一部の店舗で非接触支払いシステム「Amazon One」を導入すると発表しました。Amazonがこうした形で今後も実店舗を拡大していくのか、注目です。

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】