Googleは5月10日、インドのGoogle 検索において、ワクチン接種施設を検索できるようにようになったと発表しました。

目次

  1. Googleでワクチン接種施設を検索できる機能、インドで提供
    1. ワクチンに関する正しい情報を広める取り組み
    2. Google Payで募金を募るキャンペーンも

Googleでワクチン接種施設を検索できる機能、インドで提供

現在インドでは新型コロナウイルスの変異株が猛威を振るっていますが、一方で約1億8,000万人以上がワクチンを受けているといいます。

ワクチンが普及し始めているインドにおいて必要な情報を共有するため、Googleは5月10日、新型コロナウイルスのワクチン接種施設についての情報や、病床・医療酸素の供給状況などについてGoogle 検索に表示されるようにしました。

これまで対応していた2500か所のPCR検査施設に加え、2万3,000か所以上のワクチン接種施設の場所も検索できるようになっており、ワクチンについて検索すると、位置情報や検索キーワードをもとに近くの施設を表示します。

このサービスはインドの保健・家族福祉省の協力のもとで作られ、英語やインドの8つの言語で表示されるようになっています。

Googleでワクチン接種施設を検索できる機能、インドで提供
(画像=▲Supporting India during the current COVID crisis(現在コロナ禍にあるインドをサポート):Google India Blogより、『口コミラボ』より引用)

ワクチンに関する正しい情報を広める取り組み

さらに、インドではワクチンに関する偽の情報が出回っていて混乱を招いているため、Googleは信憑性のある情報の発信の手助けをするべく「Get the Facts(事実を知ろう)」というキャンペーンを実施しています。

公式のYouTube、Facebookアカウントなどでワクチンについての正しい情報をプロモーションすることで、より多くのユーザーに情報を届けるねらいです。

また、信憑性の高いコロナ関連情報をまとめたプレイリストをYouTubeで配信しています。

Google Payで募金を募るキャンペーンも

Googleは、Google Payを使って人々が寄付できる「COVID Aid」というキャンペーンなど、コロナ関連の寄付金を募る取り組みをいくつか行っています。

新型コロナウイルスの第2波が始まってから、GiveIndia、Charities Aid Foundation、Goonj、Save the Children、Seeds、UNICEF India、United Wayなどの非営利団体へ460万ドル(約5億円)もの寄付金を集めました。

また、5月10日の発表ではGoogle社からインドへ新たに1,800万ドル(約19億6,000万円)を支援するとしています。

コロナ禍で役立つサービス・取り組みを提供し続けるGoogle。今後これらのサービスが他の国・地域でも展開されるのか、注目が集まります。

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】