ルーマニアでは、吸血鬼ドラキュラの城のモデルとして有名なブラン城において、訪れた観光客に新型コロナウイルスのワクチンを無料で接種するサービスが行われています。

目次
ルーマニア、観光地でワクチン接種進む

ルーマニア、観光地でワクチン接種進む

ルーマニア政府によると、ルーマニアでは1回目のワクチンを接種した人が378万9,351人います。

2021年5月14日現在、首都ブカレストでは国立図書館などの主要施設で週末のみ24時間態勢で接種を行っています。

また政府が主導するワクチンキャンペーンの一環として、地方での接種を推進するため、ルーマニア中部でのブラン城で接種が行われています。

14世紀に建てられたブラン城は、作家ブラム・ストーカーが小説「ドラキュラ」に登場する城のモデルにしたとされることで有名です。

ブラン城では、八重歯を注射器に見立てた横断幕が掲げられ、医師や看護師がファイザー製ワクチンの接種を担当しています。

接種者には、「胆力と責任感」をたたえる証明書と「拷問部屋」の無料ツアーが提供されます。 ただし在ルーマニア日本大使館によると、ワクチンを接種していない外国人観光客については、入国時に2週間の隔離が必要となります。

アメリカでも、アメリカ自然史博物館など観光地においてワクチン接種が進んでおり、こうした取り組みが世界でも広まるのか、注目が集まりそうです。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる