アメリカのバイデン大統領は、新型コロナウイルスワクチンの接種を完了した人は、原則としてマスクを着けなくてもよいとする新たな指針を2021年5月13日に発表しました。

目次
アメリカでワクチン接種者はマスク不要に
 CDCもワクチン普及のため決断後押し

アメリカでワクチン接種者はマスク不要に

バイデン大統領は13日、ホワイトハウスで演説し、ワクチンの接種を完了した人は原則としてマスクを着けなくてもよいとする新たな指針を発表しました。

指針では、ワクチンの接種を完了した人は屋内外でマスクを着ける必要はなく、ソーシャルディスタンスを取る必要もないとしています。 ただし、公共交通機関や拘置所などの一部の施設では引き続きマスクの着用が義務付けられています。

バイデン大統領は、指針が発表された際に大統領執務室で自らマスクを取りアピールしました。

2021年5月17日現在、CDC(米疾病対策センター)によると、18歳以上でワクチンを少なくとも1回接種した人は59.8%にのぼっています。しかし、接種をためらう人も多く、ワクチン接種率向上が課題となっています。

バイデン大統領は自身のTwitter(@POTUS)で、「ワクチンを接種するか、それまでマスクを着けるかだ」というコメントつきで動画を投稿し、ワクチン接種を呼びかけました。

米、ワクチン接種者は「マスク不要」と呼びかけ バイデン大統領|国民にワクチン接種呼びかける狙いも
(画像=Twitter、ワクチン接種を呼びかけるバイデン氏、『訪日ラボ』より引用)

CDCもワクチン普及のため決断後押し

CDCのワレンスキー所長は同日の会見で、新たな指針について「これまでに蓄積されたデータや研究結果に基づいて判断を行っている」と述べました。

具体的な判断の根拠としては感染者数の減少傾向が続いていること、ワクチンの接種を受けた人がまれに感染したケースでも検出されるウイルスの量が少なく、感染を広げるリスクが低いと考えられることをあげました。 アメリカ、ニューヨーク州では観光業復活のためのキャンペーンも実施される予定であり、本格的にコロナ前の観光活動が再開される予定です。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる