新型コロナウイルス感染症の影響は、世界最高峰のエベレストにも及んでいます。

中国の国営新華社によると、中国当局が、新型コロナウイルスの感染拡大を警戒し、エベレストのチベット側からの春の登山シーズンを打ち切ることを決めたとのことです。

目次

  1. 中国、エベレスト登山をコロナで中止に
    1. 2021年春のエベレスト登山は断念

中国、エベレスト登山をコロナで中止に

中国は、2021年春のエベレスト登山を打ち切ることを発表しました。新型コロナウイルス感染症の拡大を懸念したもので、中国側からの登山を許可されていた21人の予約が打ち切りとなりました。また、ネパール側からも断念する動きがあるとのことです。

2021年春のエベレスト登山は断念

2021年春季の登山シーズンを迎える中、チベット側からのエベレスト(中国名チョモランマ)登山が打ち切られました。

中国の国営新華社通信が15日に報道し、中国国家体育総局は、コロナウイルスが持ち込まれることを防ぐため、チベット側からの登山隊の組織を認めていた企業に対する唯一の許可を取り消したとのことです。

この結果、今春の登山シーズンで、登山許可を取得していた中国の登山家21人の予約が打ち消しとなりました。

エベレスト山頂はネパールとの国境になっており、中国側、ネパール側からそれぞれ登山ルートがあります。中国国営メディアは、今月9日、各国側からの登山者同士の接触を避けるため、中国当局がエベレスト山頂に「隔離線」を設ける計画だと報じていました。

春季登山が始まっているネパール側からは、登山基地において、数日間で既に感染者数が激増しており、ネパール側からの国際登山隊にも登頂断念の動きがあるといいます。

CNNによると、登山隊を組織するファーテンバック氏は、「ネパール当局側が何もしていないことに驚く」とコメントしているとのことです。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる