メルヘンのような奇跡が起こりました。

オーストラリア東部に浮かぶ小さな島、ノーフォーク島。

去年の暮れ、クリスマス休暇でこの島を訪れていた夫婦が、海の中で結婚指輪を失くしてしまいました。

それから月日が経った今週の月曜日、なんと夫妻の結婚指輪をはめた白魚が発見されたのです。

目次
魚がくれた奇跡の贈りもの?

魚がくれた奇跡の贈りもの?

指輪をはめた魚を発見したのは、ノーフォーク島在住のフリーランスライターの女性、スーザン・プライヤーさん。

プライヤーさんは、シュノーケリングを趣味とするかたわら、「NORFOLK ISLAND’S REEF」というサイトを運営し、島の海の生態系を定期的に紹介しています。

プライヤーさんは、地元住民や観光客の残したゴミが生態系の害悪になっていることを憂慮しており、ゴミの絡まった生き物を日頃からよく見かけていました。

実は今年2月にも、ペットボトルのキャップ下の輪っかを頭にはめた魚が見つかっていたのです。

それがこちら。

奇跡!海に落とした「結婚指輪」をはめた白魚が見つかる(オーストラリア)
(画像=Susan Prior/Norfolk Island’s Reef、ペットボトルの輪っかをはめた魚、『ナゾロジー』より引用)

輪っかに藻がみられることから、かなりの時間が経っていると見られます。

プライヤーさんによると、この魚はボラの一種で、砂を頭で漁るようにエサを探すため、輪っか状のゴミがはまりやすいようとのこと。

そして、奇跡の出来事は、今月10日に起こりました。

プライヤーさんがいつものように島の沖合でシュノーケリングをしていると、輪っか状のものをはめたボラがまた見つかったのです。

しかも、ボラがはめていたのはゴミではなく、金色の指輪でした。

奇跡!海に落とした「結婚指輪」をはめた白魚が見つかる(オーストラリア)
(画像=Susan Prior/Norfolk Island’s Reef、指輪をはめたボラが見つかる!、『ナゾロジー』より引用)

ここでプライヤーさんは、最近SNSで話題になっていたある話を思い出しました。

それは、去年の暮れに、クリスマス休暇でノーフォーク島を訪れていたネイサン・リーブスという男性が、海を泳いでいた際に結婚指輪を紛失したというものでした。

妻のスージーさんも一緒になって探しましたが見つからず、泣く泣く島を後にしました。

プライヤーさんは「もしかしたら」と考え、夫妻に連絡を取り、写真を確認してもらったところ、男性は「私が落とした指輪だ!」と答えたのです。

奇跡!海に落とした「結婚指輪」をはめた白魚が見つかる(オーストラリア)
(画像=Susan Prior/Norfolk Island’s Reef、指輪をはめたボラ、『ナゾロジー』より引用)

指輪をはめたボラはまだ海にいますが、プライヤーさんは「ボラは群れで同じ場所を泳いでいるので、また見つけられると思います。

仲間と協力してボラを見つけ、指輪を回収してから夫妻に手渡したい」と話しています。

しかし、こんなおとぎ話のような出来事が本当に起きるなんて…

これをボラから夫婦への少し遅いクリスマスプレゼントと取るのは考えすぎでしょうか。

参考文献

Fish Spotted With Gold Ring Around Its Head After Wedding Band Lost On Norfolk Island

Fish With Lost Wedding Ring Wrapped Around Body Spotted by Snorkeler

提供元・ナゾロジー

【関連記事】
ウミウシに「セルフ斬首と胴体再生」の新行動を発見 生首から心臓まで再生できる(日本)
人間に必要な「1日の水分量」は、他の霊長類の半分だと判明! 森からの脱出に成功した要因か
深海の微生物は「自然に起こる水分解」からエネルギーを得ていた?! エイリアン発見につながる研究結果
「生体工学網膜」が失明治療に革命を起こす?
人工培養脳を「乳児の脳」まで生育することに成功