スペインは、2021年の海外からの観光客数が最大で4,500万人に達すると予想しています。

レジェス・マロト観光相は5月12日、「スペインは間もなく世界からの旅行者受け入れを再開する」と述べました。

目次

スペイン、海外からの観光客数をコロナ前の半分の水準と予想
観光客数4,500万人 英国含むEU域外からの受け入れを期待

スペイン、海外からの観光客数をコロナ前の半分の水準と予想

5月12日、スペインのマロト観光相は、2021年の海外からの観光客数が最大4,500万人となる見通しだと発表しました。

20日からは、英国からの観光客受け入れを再開できる可能性が高いとし、さらに、6月以降EUで運用開始予定のワクチンパスポートの制度にも期待を寄せています。

観光客数4,500万人 英国含むEU域外からの受け入れを期待

スペインのマロト観光相によると、2021年、海外からスペインへの観光客数は、2019年の8,350万人の半分の水準にあたる4,500万人となる見通しだとのことです。

2020年の観光客数は、世界2位だった前年から80%近く減少し、1,900万人を下回っていました。

マロト観光相は、12日に行われた夏の観光キャンペーンについての会見で、「スペインは間もなく世界からの旅行者受け入れを再開する。」と述べたとのことです。

スペインは、5月末までは原則入国禁止としていますが、大臣は予定より早く入国制限を緩和し、観光の再開できると期待しています。

国の経済の重心を担う観光の復旧に向けて進んでおり、観光客受け入れにあたっては、各国を感染状況に応じて色分けしていく計画です。

EUで運用開始予定の「ワクチンパスポート」の制度によって、EU域外からの観光客が訪れることに期待しており、特に従来スペインにとって最大であった英国からの観光客の受け入れを望んでいます。

ワクチンパスポートの制度については、6月からの運用開始が予定されていますが、EUが5月20日に域外からの旅行について制限を更新、緩和するとみられています。これにより、スペインは早期に英国からの観光客受け入れを再開できると考えています。

なお、英国は5月17日より条件付きで海外旅行を解禁します。

スペインは7日に英国が発表した最初の解禁国リストには含まれていませんが、リストは3週間ごとに更新予定のため、マロト観光相は今後リストに含まれることを期待しています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる