何気ないドライブでも精神に大きな影響を与えているようです。

5月に開催された「Association for Computing Machinery」に報告された研究によると、街中の平凡な運転で感じる加速が、人間に覚醒とストレスの両反応を引き起こしているとのこと。

どうやら、主たる移動手段が足である人類にとって、科学文明がもたらした車の「加速」は本能に異常事態として受け取られてしまうようです。

目次


平凡な運転でも人間は「過覚醒」を起こしていたと判明!

加速は精神に打撃を与えるが選ばれたドライバーは違った

見えないストレス因子「加速」に注意


平凡な運転でも人間は「過覚醒」を起こしていたと判明!

ドライブは「オクスリ」? 平凡な運転でも人間は「過覚醒」を起こしていたと明らかに
(画像=加速はドライバーに顕著な覚醒をもたらす。鼻のまわりの汗の量を測定することで交感神経の活性度と覚醒レベルを調べられる / Credit: Tung Huynh et al . Association for Computing Machinery、『ナゾロジー』より 引用)

現代に生きる私たちにとって、加速感は珍しい感覚ではありません。

車やエレベーター、ジェットコースターに乗れば、誰でもあの独特な感覚を味わうことができます。

しかし人類の進化スケールにおいて、車やエレベーター、ジェットコースターが現れたのは極最近と言わざるをえません。

人類の本能にとって、機械による「加速」は、本来ならば感じ得ないはずの未知の感覚なのです。

ですが加速が精神に与える影響は、ほとんど研究されていませんでした。

そこで今回、ヒューストン大学の研究者たちは「加速」が人間の精神に与える影響を、0から調べることにしました。

調査にあたっては、複数の被験者に街中を車で運転してもらい、交感神経の覚醒を示す不随意反応である「鼻周辺の汗レベル」を赤外線カメラで測定しました。

すると、非常に興味深い事実が判明します。

街中の何気ない運転であっても「加速」が行われるたびに、鼻の汗が増加して神経が覚醒することが明らかになったのです。

特に高速道路に入る瞬間や、信号が赤から青にかわって発信する瞬間は最も顕著な反応が現れました。

また反応の強度と覚醒度の関係を調べると、参加者の約半数の反応は「著しいレベルの覚醒」を誘発するのに十分であることがわかりました。

なお、実験に参加したドライバーたちの多くは、豊富な運転経験を持っていました。

この結果は、ありふれた運転体験であっても、人間の精神にとっては強い覚醒を促す影響があることを示します。

また反応がベテランのドライバーからもみられたという結果は「加速」による神経の覚醒は高所への恐怖のように、慣れによって打ち消せない、本能的な反応であることを示します。

そうなると問題となるのは「加速」が精神に与える影響です。

加速は精神に打撃を与えるが選ばれたドライバーは違った

ドライブは「オクスリ」? 平凡な運転でも人間は「過覚醒」を起こしていたと明らかに
(画像=加速にストレスを感じず好んで行う人もいる / Credit:Canva、『ナゾロジー』より 引用)

加速は精神にどのように影響するのか?

答えを得るために、研究者たちは被験者たちの心理的な負荷を運転の前後で比較しました。

結果、精神的に不安になりやすいドライバーほど、運転による疲れが多い傾向にあることがわかりました。

一方で、例外的な反応を示す人も存在していました。

一部のドライバーは、普通の人間よりも加速に強く反応(覚醒)していたにもかかわらず「加速」を好んで行う傾向があったからです。

つまり、一部のドライバーにとっては、加速による繰り返しの覚醒はストレスにならず、快楽にすら感じている可能性があるのです。

研究者たちはこの結果について、ドライバーの遺伝的要因に起因すると推測しています。

もしかしたら車の「加速」でドンドン気持ちよくなってしまう「飛ばし屋遺伝子」なるものが、存在しているのかもしれません。

見えないストレス因子「加速」に注意

ドライブは「オクスリ」? 平凡な運転でも人間は「過覚醒」を起こしていたと明らかに
(画像=加速は見えないストレス因子になりうる / Credit:Canva、『ナゾロジー』より 引用)

今回の研究では、不自然な加速が精神に与えるダメージも調査されました。

進化のほとんどの段階を足による移動に頼ってきた人類にとって、車による加速は慣れることのできないストレス源になりかねません。

特に通勤や配達など仕事にかかわる「加速」体験は毎日繰り返して起こるため、精神に長期的な影響を与える可能性があります。

研究者たちは今後、ストレスのたまったドライバーを検知する手段の1つとして「加速」の条件を考える必要があると述べています。

参考文献
Scientists Just Identified a New Kind of Stress Response Triggered by Driving

元論文
Arousal Responses to Regular Acceleration Events Divide Drivers Into High and Low Groups: A Naturalistic Pilot Study of Accelarousal and Its Implications to Human-Centered Design

提供元・ナゾロジー

【関連記事】
ウミウシに「セルフ斬首と胴体再生」の新行動を発見 生首から心臓まで再生できる(日本)
人間に必要な「1日の水分量」は、他の霊長類の半分だと判明! 森からの脱出に成功した要因か
深海の微生物は「自然に起こる水分解」からエネルギーを得ていた?! エイリアン発見につながる研究結果
「生体工学網膜」が失明治療に革命を起こす?
人工培養脳を「乳児の脳」まで生育することに成功