タイ王国観光・スポーツ省観光局は2021年5月5日、旅行会社に対して「ワクチンツアー」という言葉を宣伝文句などで使わないように警告をするとともに、誤解を避けるためにツアーの詳細を全て顧客に明示するように求めました。

タイでは、一部の富裕層がワクチンを接種するためにアメリカなどへ移動する傾向がみられています。

目次

  1. タイ、ワクチンツアー普及に危機感
    1. アメリカへの渡航が盛んな理由

タイ、ワクチンツアー普及に危機感

現在タイには、新型コロナウイルスのワクチンを接種しに外国へ行くツアーを販売する旅行会社がありますが、観光局局長は5月6日、「ワクチンツアー」という言葉を使うことは出来ないと述べ、代わりに「ヘルスツアー」という言葉を使用するように求めました。

またツアーの詳細、特にワクチン接種のプロセスを明らかにしなければならず、またワクチン接種での体調悪化やアレルギー反応には旅行保険が適用されないことを顧客に明確にする必要があると述べました。

ワクチンツアーの目的地はアメリカやロシアなどで、料金は1人あたり7万5,000~20万バーツ(約26万3,000円~70万3,000円)程度です。

ツアーに参加するには、その国の旅行保険に加入する必要がありますが、このことへの周知徹底も遅れていることを指摘しています。

「ワクチンツアー」という言葉は使用禁止に タイ観光局が警告|アメリカへの接種ツアーに危機感
(画像=▲「ワクチンツーリズム」に対する注意喚起:タイ観光局のFacebook
Facebook:タイ観光局の投稿、『訪日ラボ』より引用)

アメリカへの渡航が盛んな理由

アメリカでは、アメリカに住んでいる人、または合法的に米国に入国した16歳以上の人々は、基準は週により異なるものの、無料でワクチン接種を受けられます。

さらに、アメリカ国務省はアメリカに訪問する正当な理由として医療目的での入国をあげています。

一方タイでは、まだ大規模な集団接種が開始されていません。タイの集団接種は、地元で生産されたアストラゼネカ(AZN.L)のワクチンを使い6月に開始される予定です。

この期間を待ちきれない一部の富裕層が、「ワクチンツアー」を使い接種を試みていると考えられます。

65歳以下の集団接種が発生されていない日本でも、富裕層に向けてのワクチンツアーが発生するのかどうか、注目されるでしょう。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる