タイでは、2021年7月1日から、新型コロナウイルスワクチンを接種済みの外国人観光客にプーケットが開放される見込みです。

観光客受け入れ再開に向けて、国内でもワクチン接種の動きが加速化しています。

目次

  1. タイが海外観光客受け入れ再開へ、ワクチン接種が鍵
    1. タイ政府、「プーケットサンドボックス」プログラムへ前進
    2. タイの観光再開を左右するワクチン接種

タイが海外観光客受け入れ再開へ、ワクチン接種が鍵

タイは、海外からの観光客受け入れに向けて動きを進めています。

国内の集団免疫が獲得されれば、ワクチン接種済みの海外観光客を自己隔離なしでプーケットで受け入れていく方針です。

タイ政府、「プーケットサンドボックス」プログラムへ前進

タイ政府は、国内外のワクチン接種の進捗状況に応じて、「プーケットサンドボックス」プログラムの下、海外観光客受け入れ再開を進める姿勢です。

「サンドボックス」モデルとは、国内で多くの住人が新型コロナウイルスワクチン接種を終えていることを条件に、2つの国や地域の人々が、相互を自由に旅行できるようになるというものです。

タイでは、7月1日から、初めのサンドボックスモデルをプーケットで実施する計画を進めています。

この計画では、ワクチン接種を終えた観光客は、タイに入国した後最初の7日間をプーケットで過ごし、その後国内の各地域を自由に旅行できるようになるとされています。プーケットでは自己隔離が免除されるため、観光客は入国後すぐにプーケット観光を楽しむことができます。

なお、タイ国内の観光州として再開が予定されているのは、プーケット、クラビ、パンガ、スラタニ(サムイ島)、チョンブリ(パタヤ)、チェンマイの6つです。

タイの観光再開を左右するワクチン接種

タイ国内での受け入れ準備としては、プーケットの人口の70%がワクチンを接種し、集団免疫を獲得していることが必要とされています。

4月には、タイ国内での感染拡大によるプーケットでの接種遅延も報告されていましたが、当局は7月のプログラム実施に向け、ワクチン接種の加速化に取り組んでいるとのことです。

なお、タイのすべての人々は、国籍に関係なくワクチンを受ける資格があり、政府は年末までにタイ全土で5,000万人にワクチン接種を実施する目標を定めています。

タイ国政府観光庁によると、2021年5月1日時点で、タイでは約147万人が、1回目または2回目のワクチン接種終えているとのことです。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる