人類最古の墓が発見されました。

考古学の国際研究グループは、東アフリカに位置するケニアの洞窟内で、3歳の子供の遺骨を発見したと発表。

分析の結果、遺骨は約7万8000年前のもので、現生人類としては最古の埋葬遺体と判明しました。

研究は、5月5日付けで『Nature』に掲載されています。

目次


7万8300年前!ホモ・サピエンス最古のお墓


7万8300年前!ホモ・サピエンス最古のお墓

遺骨は2013年に、ケニア南部にある「パンガ・ヤ・サイディ(Panga ya Saidi)洞窟」で発見されたもの。

入り口付近の床下3メートルの窪みに、脆くなった小さな骨がいくつも発見されました。

そのまま掘り返すと骨が崩れてしまうため、作業が難航していましたが、2017年に、その場で骨を漆喰で固めて、スペインの国立人類進化研究センター(CENIEH)へ移送することに成功しています。

調査の結果、小さな頭蓋骨や顔、下あごの一部、まだ生え出ていない歯が数本発見されました。

脊椎と肋骨の連結部も驚くほど良好に保存されており、胸郭の湾曲も確認されています。

「人類最古の墓から3歳児の遺骨」発見 7万8000年前のケニアで埋葬
(画像=パンガ・ヤ・サイディ洞窟 / Credit: Mohammad Javad Shoaee、『ナゾロジー』より 引用)
「人類最古の墓から3歳児の遺骨」発見 7万8000年前のケニアで埋葬
(画像=発見時の遺骨の復元図 / Credit: Jorge González/Elena Santos、『ナゾロジー』より 引用)

状態の良い2本の歯により、子どもの年齢が3歳で、約7万8300年前に亡くなったことが明らかになりました。

研究チームは、この遺体をスワヒリ語で「子ども」を意味する「Mtoto」と命名しています。

Mtotoは、人為的に掘られた窪みの中で右向きに、膝を胸に折り曲げられた格好で安置されており、同時に、土中で頭の位置がずれていることから、生分解性の素材でできた枕のようなものが敷かれていたと示唆されました。

CENIEHのマリア・マルティノン=トレス氏は「これらはMtotoが人の手によって埋葬された遺体であることを示します。

また、土中で体の分解が進み、骨の収縮が見られることから、亡くなった直後に埋葬されたようです」と指摘します。

「人類最古の墓から3歳児の遺骨」発見 7万8000年前のケニアで埋葬
(画像=埋葬時のイメージ図 / Credit: New Scientist/youtube、『ナゾロジー』より 引用)

過去に、意図的な埋葬の痕跡は80万年前のものまで見つかっていますが、それらはすべて現生人類(ホモ・サピエンス)より古い、他種のヒト属のものでした。

今回の発見は、初期のホモ・サピエンスが死者をどのように扱っていたかを理解する上で貴重な資料となります。

マックス・プランク人類史研究所のニコル・ボワヴァン氏は「パンガ・ヤ・サイディ洞窟は、世界に類を見ない埋葬地です。

今後の調査により、7万8000年前の人類の文化や技術、社会的な規範などを明らかにできるかもしれない」と話しています。

参考文献
Oldest Known Deliberate Human Burial Uncovered in African Cave

元論文
Earliest known human burial in Africa

ライター:大石航樹
愛媛県生まれ。大学で福岡に移り、大学院ではフランス哲学を学びました。 他に、生物学や歴史学が好きで、本サイトでは主に、動植物や歴史・考古学系の記事を担当しています。 趣味は映画鑑賞で、月に30〜40本観ることも。

編集者:やまがしゅんいち
高等学校での理科教員を経て、現職に就く。ナゾロジーにて「身近な科学」をテーマにディレクションを行っています。アニメ・ゲームなどのインドア系と、登山・サイクリングなどのアウトドア系の趣味を両方嗜むお天気屋。乗り物やワクワクするガジェットも大好き。専門は化学。将来の夢はマッドサイエンティスト……?。

提供元・ナゾロジー

【関連記事】
ウミウシに「セルフ斬首と胴体再生」の新行動を発見 生首から心臓まで再生できる(日本)
人間に必要な「1日の水分量」は、他の霊長類の半分だと判明! 森からの脱出に成功した要因か
深海の微生物は「自然に起こる水分解」からエネルギーを得ていた?! エイリアン発見につながる研究結果
「生体工学網膜」が失明治療に革命を起こす?
人工培養脳を「乳児の脳」まで生育することに成功